学ぶ・知る

弘前でドローンビジネスの可能性探る勉強会 最新機種の飛行体験も

弘前市境関で行ったドローン飛行体験の様子

弘前市境関で行ったドローン飛行体験の様子

  •  
  •  

 弘前市内で10月15日・16日、ドローンビジネスの可能性を探る勉強会「ドローン研究会」が開かれた。

全4種のドローンを飛ばした

 ドローン空撮で地方創生を図る事業を展開している「ドローンエモーション」(東京都新宿区)の田口厚社長を招いた同企画。15日はヒロロスクエア(弘前市駅前町)で勉強会を行い、翌16日は実際にドローンを飛ばす操作体験などを行った。

[広告]

 田口さんは、ドローンの空撮利用のほかにも農薬散布や観測データ収集の利用例を紹介。青森でも幅広い使い方がある可能性に触れ、「ドローン業界はIT業界が『ドッグイヤー』と呼ばれていた以上に展開が早い」と話す。

 田口さんによると、今年4月に弘前を訪れた際、弘前城や禅林街でドローン撮影を行ったという。「地元警察に道路使用許可を申請したほか、必要な申請書を各管理機関に提出した」と話す。

 ドローンの飛行体験では、DJI社の最新機種「Mavic Pro」や200グラム未満の小型機種「DOBBY」を紹介した。参加者からは「風が強かったにも関わらず、安定した飛行をしていて驚いた」「人を認識し、追尾しながら撮影するといった機能に感動した」などの声が上がっていた。

 田口さんは「関東圏の場合、人口密集地としてドローンを簡単に飛ばすことができず、練習することすらままならない。そういった点では地方の方が有利で、使い方も多様になるのでは」と話す。

 主催したヒロサキフューチャーラボの相内英之さんは「青森だと都内に比べると新技術に触れられる機会が少ない。今後もこのような勉強会を作り、新技術に触れて地元で活用できるように考えていきたい」と意欲を見せる。

  • はてなブックマークに追加