食べる 買う

弘前の「虹のマート」に焼き鳥店「美加美」 総菜や精肉販売も

社長の三上正俊さん(右)

社長の三上正俊さん(右)

  • 281

  •  

 弘前の市場「虹のマート」(弘前市駅前町)内に「やきとり美加美(みかみ)」(TEL 0172-36-5415)が7月22日、オープンした。

店内で焼く焼き鳥

[広告]

 美加美食品(城南)が運営する同店。焼き鳥や総菜、精肉などを販売する。美加美食品は現在、弘前に焼き鳥店を3店舗展開し、スーパーなどへの食肉加工卸や学校の食堂経営も行っている。

 虹のマートでは今年1月、60年以上続いた「唐牛精肉店」が閉店し、精肉店がない状態が続いていた。美加美食品の社長・三上正俊さんは「声を掛けていただいた当初は悩んだが、市場への出店は挑戦し甲斐があるのではと出店を決めた」と話す。

 オープン初日となった同日は、焼き鳥が1000本完売したという。「想定以上の反響だった。精肉卸売の強みを生かした商品や価格を売りに、根付いていければ」と三上さん。

 商品のラインアップは、青森県産鶏肉をメインに使った「ひな皮」や「むね正肉」などの焼き鳥が8種(各110円)のほか、「手羽焼」(130円)やとんかつ(320円)、唐揚げ(6個=400円)、日替わり丼(500円)など。長谷川自然牧場(鯵ヶ沢町)や田子牛といった県産の精肉を販売する。

 三上さんは「焼き鳥だけではなく、商品数を増やし、毎日喜ばれるようなメニューを提供していきたい」と意欲を見せる。「同店の営業スタイルで2店舗、3店舗と増やしていければ」とも。

 営業時間は8時~18時。日曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース