学ぶ・知る

弘前公園、桜の開花予報 今年は平年より3日早く

雪がまだ残る弘前公園(3月25日15時撮影)

雪がまだ残る弘前公園(3月25日15時撮影)

  • 285

  •  

 弘前市公園緑地課(弘前市下白銀町)が3月25日、弘前公園の桜の開花予想を4月19日と発表した。

外堀の様子(3月25日15時撮影)

[広告]

 弘前公園の桜を管理する同課の今季初の発表は、園内にあるソメイヨシノの標準木の開花を4月19日とした。外堀では4月18日、桜のトンネルでは4月20日と予想し、満開の予報日を4月23日~25日とした。

 同課の発表によると、ここ1週間の気温は平年より低く経過したが、今後1カ月の気温は高くなる。同園のサクラの開花は、3、4月の気温の影響を受けるため、今年の開花は平年より3日早いとする。

 同課の樹木医・海老名雄次さんは「今年の弘前は大雪で園内の松の木が3本倒れたが、桜の木に影響はない」と話す。

 次回の市の開花予想発表日は4月1日。弘前さくらまつりは4月23日~5月5日に開催を予定する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

弘前経済新聞VOTE

いま注目している弘前の話題は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース