見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「弘前さくらまつり」「桜ミク」4年目 新ビジュアル4種、地元企業とコラボ

弘前さくらまつりのメインビジュアル Art by iXima(C)CFM

弘前さくらまつりのメインビジュアル Art by iXima(C)CFM

  • 178

  •  

 弘前観光コンベンション協会(弘前市下白銀町)が3月25日、弘前さくらまつりの公式応援キャラクター「桜ミク」とのコラボ内容を発表した。

弘前駅に設置しているウエルカムボード

[広告]

 桜ミクはバーチャル・シンガー「初音ミク」さんから派生したキャラクター。2019(平成31)年のさくらまつりから公式応援キャラクターとして、4年連続で就任している。当初は2年の任期だったが、ファンや弘前の人たちの思いを受けて続けることになったという。

 今年のメインビジュアルは「日本最古のソメイヨシノ」と東内門を背景に舞う桜ミク。イラストレーターは4年連続「iXima(イクシマ)」さん。サブビジュアルは3種で「さかなへん」さんが描く桜ミクは「旧弘前偕行社(かいこうしゃ)」(御幸町)を舞台にしている。「まおう」さんは西堀のボートに乗る姿を、「よぴお」さんは藤田記念庭園(上白銀町)の洋館を背景にしている。

 地元企業とのコラボはイラストを使った商品を展開する。工藤パン(青森市)とはイギリストースト、タムラファーム(弘前市)とはリンゴジュース、弘前郵便局(弘前市)とはフレーム切手などを販売。コラボ商品は今後も発表していく予定。

 ほか、今年も4月1日号の弘前市の「広報ひろさき」にイラストを掲載。イラストを使ったフラッグを中心商店街に設置し、スタンプラリー付きの観光ガイドマップにも桜ミクのイラストを使う。

  弘前観光コンベンション協会の事務局長・白戸大吾さんは「弘前さくらまつりは、感染防止対策をとりながら開催を予定している。祭りの盛り上げを桜ミクと一緒に図っていきたい」と意欲を見せる。

 弘前さくらまつりは4月23日~5月5日。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース