天気予報

31

22

みん経トピックス

弘前市が結婚サポート弘前にアイリッシュパブ新店

弘前で「自由すぎる」書道展、今年も 「名刀」「力士」「深海生物」などテーマに

弘前で「自由すぎる」書道展、今年も 「名刀」「力士」「深海生物」などテーマに

名刀の銘(めい)を書いた作品

写真を拡大 地図を拡大

 イトーヨーカドー弘前店(弘前市駅前)の地下通路ヨークギャラリーで現在、「自由すぎる」と昨年話題になった書道展「桜風書道教室作品展」が今年も開催されている。

「骨喰藤四郎」といった武士の名刀が並ぶ作品

 「日本教育書道会」桜風支部の三浦桜風さんが主催する同展は今年で6回目。昨年のテーマは「日本酒」「好きな有名人」「松岡修三の日めくりカレンダー」など。

 今年は、「武士の名刀」「好きな力士」「深海生物」「クラシックの名曲」「偉人の名言」などをテーマに、教室の生徒が書いた作品のほか、保育所に通う子どもたちの作品も展示する。

 会場には、「骨喰藤四郎」「和泉守兼定」「陸奥守吉行」などの文字が並ぶ。「日本刀の本を子どもたちに見せ、書きたいと思った漢字を選ばせた」と三浦さん。ほかの作品も、子どもたちにそれぞれテーマを与え、その中から好きな言葉を選ばせたという。

 「教室の人数が10人以上になったらやろう」と子どもたちと約束して始まったという同展。「うまい下手は関係なく、子どもたちに習字を楽しんでもらいたい」と三浦さん。

 「テーマを多彩にすることで、漢字やカタカナ、ひらがなのさまざまな文字を書かせることができる。半紙以外の物にも書かせるため幅広く実用的な指導をしている。歴史の人物を書いた子どもの中には、習字から歴史に興味を持ち始めた子どももいた」と笑顔を見せる。

 「作品を見て少しでも反応があればうれしい。ぜひ実際に足を運んで子どもたちの作品を見てほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は9時~21時。4月3日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

岩木山はあなたにとって男性ですか?女性ですか?

アクセスランキング