見る・遊ぶ

岩木山神社近くに一棟貸しホテル「オタービオ」 20代女性2人が開業

三上未夢さん(右)と妻神和さん(左)

三上未夢さん(右)と妻神和さん(左)

  • 500

  •  

 岩木山神社近くに1日1組限定のホテル「Hotel, OTTABIO(オタービオ)」(弘前市百沢、TEL 090-2980-2908)が4月23日、オープンした。

暖炉のあるリビング

[広告]

 3部屋のベッドルームやリビング、ライブラリーを備えたペンションを一棟貸しする同施設。高校の同級生という三上未夢さんと妻神和さんの女性2人で経営する。敷地面積は2168平方メートル。

 三上さんはスイスなどのホテルスクールに留学後、2021年に弘前へUターンした。弘前でのホテル開業に向けて準備を進めてきた。妻神さんはスペインにサッカー留学した経験を持ち、弘前の女子サッカーチームに所属するなどサッカー選手として活動していた。2人がホテル開業を目標にし始めたのは19歳のころ。青森を観光で盛り上げたいと考えるようになったという。

 2人は青森の魅力を発信するウェブサイト「Aomori & You」を2020年に立ち上げ、取材活動や情報発信を行った。宿泊客に青森を紹介できるようにするためのホテル開業前の準備だったという。取材活動の中で見つけたのが同物件で、スイスの山小屋「シャレ」に似ていたことから一目ぼれ。「別荘として使われていた建物だったが、家主に思いを伝え、昨年7月に同物件を取得した」と三上さん。

 開業の準備を進める中で昨年9月には、開業資金を充当するためにクラウドファンディングで支援を呼びかけた。300人近くの支援者から500万円以上の資金を集めた。

 施設内のアメニティーや家具、備品などは地元作家の作品を優先的に使う。「地元にできるだけ還元できるようにしたいため」と三上さん。「旅のコンシェルジュとして、レストランの予約やケータリング、出張シェフなどの要望に対応し、青森とつながる拠点としてお迎えしたい」とも。

 「ホテルを作りたい」という夢を実現させ、ようやくスタートラインに立てたと自信を見せる三上さんは、「岩木山周辺は文化や自然のポテンシャルが高いエリア。宿泊客に青森の魅力を伝えられるだけでなく、地元の観光を盛り上げられるようなホテルにしたい」と意気込む。

 宿泊料金は1泊(4人まで)=5万円~。1人追加ごとに7,000円。定員は最大8人。

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース