暮らす・働く

弘前公園、サクラの開花予想 今年は平年より6日早め

弘前公園外堀のソメイヨシノのつぼみ

弘前公園外堀のソメイヨシノのつぼみ

  • 363

  •  

 弘前公園を管理する弘前市公園緑地課(弘前市下白銀町)が3月1日、園内の桜の開花予想を発表した。

3月1日の弘前公園の様子

[広告]

 北の廓(くるわ)にある標準木の花芽の状況を確認し、独自の計算式で算出している。同課が予想を発表するのは今季初で、標準木の開花を平年より6日早い4月16日と予想。外堀は4月13日で桜のトンネルは4月17日。満開になるのは4月21日か22日と予想する。

 チーム桜守の橋場真紀子さんは「開花予想の参考にしているマルバマンサクが2月20日に開花したため、開花予想の発表も例年より早くした。3月下旬から4月上旬までの気温に大きく影響するため、今後も気温の推移と花芽を注視して、開花予想を発表していきたい」と話す。次回の開花予想発表は3月8日。

 弘前公園の桜は例年、ゴールデンウイークに見頃を迎えることから、日常会話の中で話題になるほど市民の関心が高い。弘前在住の50代女性は「年配の農家から、今年の春は遅くなると聞いた。開花が3月下旬や4月上旬になるようなうわさもあったが、思ったより遅くなった」と話す。30代男性は「年々早くなっているので、今年ももっと早まりそう」と話す。

 弘前さくらまつりは今年、通常より会期を4日早めて4月19日~5月5日に開催する。

ピックアップ

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース