学ぶ・知る

弘前の成人映画館「テアトル」閉館 50年の歴史に幕

閉館する「テアトル弘前」

閉館する「テアトル弘前」

  • 532

  •  

 弘前の成人映画館「テアトル弘前」(弘前市桶屋町)が3月22日、閉館する。

テアトル弘前の館内

[広告]

 繁華街・鍛冶町近くで約50年にわたり営業を続ける東北唯一の成人映画館。開業は1975(昭和50)年。1974(昭和49)年に閉館した「ニュー東映」の跡地に建てた飲食店ビルの一角に、「弘前日活」で働いた工藤堅三さんが、「テアトル弘前」と命名して開業したのが始まり。経営はアプリー商事。1スクリーンで約60席。

 3本の成人映画を3回~4回上映し、2週間のペースで作品を変更していた。最盛期には、オールナイト上映をしたり満席になる客入りがあったりしたという。工藤さんは十数年前に他界し、その後を妻と長男が継いだが、2022年に工藤さんの妻が亡くなり、現在は長男が館主として働く。

 閉館の告知は常連客に先に伝え、1カ月前の2月22日に告知を館内に貼り出した。閉館の理由について、館主は「常連客が年々減り、作品数も減り続ける斜陽産業。厳しい経営は続いていた。コロナ禍でも何とか営業を続けることができた。いよいよ幕引きとなっただけ」と話す。「通ってもらった常連客には感謝したい」とも。

 弘前で生まれた常設の映画館は、1914(大正3)年に開業した「慈善館」で始まり、「テアトル弘前」を最後に全てなくなった。弘前には現在、「イオンシネマ弘前」のシネコンがある。

ピックアップ

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース