食べる

弘前にエスニック料理「ジャイニック」 自家製ハーブやパクチー提供

店主の佐藤静佳さん。手に持つのはパクチー

店主の佐藤静佳さん。手に持つのはパクチー

  • 220

  •  

 「エスニック食堂Jai Nic(ジャイニック)」(弘前市桔梗野、TEL 050-1808-7725)が9月1日、オープンした。

ジャイニックで提供する「グリーンカレー」

[広告]

 約20年ぶりにUターンした佐藤静佳さんが開業した同店。パクチーを使った料理を中心にエスニック料理を提供する。店名は佐藤さんのあだ名「ジャイ」とエスニックを掛け合わせた。佐藤さんは「有名アニメのキャラクター・ジャイアンのように元気があることからジャイと呼ばれるようになった」と笑顔を見せる。

 佐藤さんは高校卒業後に上京。東京で初めて食べたグリーンカレーにはまり、いつかはエスニック料理店で働きたいという夢を持ち始めた。美容師見習いから転身し、カフェで働いた後、イタリアン料理店に就職。エスニック料理の夢は諦めきれず、30歳の時にはエスニック料理店で働き始めた。

 Uターンしたのは2021年。高校以来の弘前には、パクチーを提供する店が少ないことに気づき、自分で始めようと思い付いた。周囲からは「パクチーを食べる人は少ない」と反対されたが、昨年9月から始めたイベント出店で、パクチー好きが少なくないことを確信。開業を決意した。

 オープンした場所は、6月に移転したカフェ「リアン」跡。居抜きで使ったが、店内の内装工事には自身で挑戦した。壁は緑で塗り、床張りもやり直した。「自分の城」と佐藤さん。店舗面積は11坪、客席数は9席。

 メニューは、2週間ごとに内容が変わる「グリーンカレー」(1,600円)や「ガパオライス」(1,500円)のほか、「本日のJAI飯」(1,500円)など。テイクアウトでも提供するほか、パクチー抜きや大盛り(100円)も対応。ドリンクは自家製で、ラッシー(400円~)、辛口スパイスジンジャーエール、マサラー・チャイ(以上、600円)など。

 佐藤さん1人で営業するため、当面は予約優先。90分制とし、予約を受け付ける時間は11時と12時30分、14時。佐藤さんは「エスニック料理店としてパクチー好きが集まるようなコミュニティの場になっていければ」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~19時。火曜定休。

ピックアップ

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース