買う

青森県産リンゴ「とき」使ったシードル、アサヒビールが販売 夏需要見込む

「ニッカシードルトキりんご」200ミリリットルと720ミリリットル

「ニッカシードルトキりんご」200ミリリットルと720ミリリットル

  • 294

  •  

 アサヒビール(東京都墨田区)が6月1日、青森県産リンゴ「とき」を使った期間限定商品「ニッカシードル トキりんご」を販売する。

ニッカウヰスキー弘前工場

 ニッカウヰスキー弘前工場(弘前市栄町)で製造する同商品。1954(昭和29)年設立の「朝日シードル」(吉野町)からシードル事業を受け継いだニッカウヰスキーが、1965(昭和40)年に現在の場所にリンゴ酒メインの工場として移転した。現在の商品ラインアップは「シードル・スイート」「シードル・ドライ」「シードル・ロゼ」の3種で、国産リンゴ100%使用したシードルにこだわる。

[広告]

 2016(平成28)年から毎年、期間限定で製造している「ニッカシードルトキりんご」の販売は今年で6回目。単一品種のシードルは過去に「ふじ」や「紅玉」などがあり、毎年「つがる」を使った「ニッカシードルヌーヴォスパークリング」も期間限定で販売している。

 パッケージデザインは青緑と白色の背景に黄色のリンゴ「とき」を描く。糖類・香料無添加で、アルコール度数は3%。開発担当者は「さわやかな甘みと香りが強く、穏やかな酸味が特長。和食や魚介料理に合わせるほか、お風呂上りにさっぱりと飲んでいただくのもお薦め」と話す。

 「6月3日は世界シードルデー。シードル需要の高まる夏の季節に期間限定商品を発売することで、シードル市場の活性化を図りたい」とも。

 内容量は200ミリリットルと720ミリリットルの2種。販売は8月まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース