天気予報

8

-2

みん経トピックス

特集

エリア特集2016-04-20

【弘前さくらまつり2016】弘前公園内で桜や岩木山を見ながら楽しめる「喫茶室BATON」

 弘前経済新聞編集部スタッフが「弘前さくらまつり2016」にオススメするカフェやセレクトショップなどのお店を紹介。弘前公園の桜だけでなく、弘前にある多くの見どころを楽しんでください!

弘前公園内で桜や岩木山を見ながら楽しめる「喫茶室BATON」

■ 弘前公園内で桜や岩木山を見ながら楽しめる「喫茶室BATON」

 「喫茶室BATON」の魅力は、なんといっても最高のロケーション。 さくらまつりの会場である弘前公園内の弘前市民会館にあり、桜を堪能したついでに気軽に立ち寄ることができます。

編集部オススメ!

テラスでカフェタイムを楽しめる

テラスでカフェタイムを楽しめる

 「さくらまつりの喧騒から離れたいときの休憩にぜひ訪れてほしい」とオーナーの漆舘斉さん。昭和の喫茶店を思わせるどこか懐かしい雰囲気が漂う店内と、天気がよければ岩木山や桜を眺められる広々としたテラスで、ガレットとワインのセット(税込1,000円)をゆっくり楽しむのがおすすめです。

 デパートにあった大衆食堂のメニューをイメージしたという「ナポリタン バトン風」(税込900円)や「ハヤシライス」(税込み1,100円)が人気メニュー。ドリップコーヒー「バドンブレンド」(税込450円)は、ハンドドリップに丁寧に淹れるコーヒーにこだわり、珈琲豆も焙煎度を指定して入手しています。

テーブル席、ソファーテーブル席も設置する店内 コーヒーは注文を受けてから丁寧にドリップ

テーブル席、ソファーテーブル席も設置する店内

コーヒーは注文を受けてから丁寧にドリップ

 ほかにも果物をふんだんに使った「フルーツパンケーキ」(税抜1,100円)や「りんごのパンケーキ」(1,000円)など、スイーツ類も充実しているため、地元では幅広い女性層に人気です。

フルーツパンケーキ 5色のゼリーをサイダーに浮かべた「青の時間のポンチ」

フルーツパンケーキ。厚焼きホットケーキも人気

5色のゼリーをサイダーに浮かべた「青の時間のポンチ」

 弘前公園で優雅なひとときを過ごすことができる「バトン」。花見の際は立ち寄りたいお店の1つです。

「喫茶室BATON」のさらにワンポイント

弘前市民会館

 弘前市民会館

 日本を代表する近代建築家・前川國男さんの設計による弘前市民会館はコンクリート打ち放しの壁面に、青や赤といった鮮やかな色の内壁や天井が特徴の建物で、建築ファンも多く訪れます。また、吹抜け北側窓には弘前市出身で日本を代表する洋画家・佐野ぬいによるステンドグラス「青の時間」が設置されています。

喫茶室BATON(バトン)
住所 弘前市下白銀町1-6 弘前市民会館M2F
アクセス 弘前公園大手門から徒歩3分
TEL:0172-88-8928
営業時間 10時~18時。第三月曜定休
サイト http://www.city.hirosaki.aomori.jp/shiminkaikan/baton.html

<関連記事>

弘前市で特別スイーツ「青の時間」が期間延長-ステンドグラスをテーマに(弘前経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

県外からの観光客にオススメしたい弘前公園の桜スポットはどこ?

アクセスランキング