天気予報

16

6

みん経トピックス

弘前でパイプオルガン演奏会弘前でドッグフェス

弘前にパンケーキカフェ「202」 子ども連れでもリラックスできる場目指す

弘前にパンケーキカフェ「202」 子ども連れでもリラックスできる場目指す

靴を脱いでリラックスできる「cafe202 さくら野弘前店」

写真を拡大 地図を拡大

 さくら野百貨店弘前店(弘前市城東北)1階に9月21日、パンケーキカフェ「cafe202 さくら野弘前店」がオープンした。

7センチの厚さがあるという極厚パンケーキ

 青森市内でコワーキングスペースとして開業し、2015年4月からパンケーキをメインに取り扱うカフェとしてリニューアルした同店。店名の由来は青森店のビルテナントの部屋番号から。さくら野弘前店は2店舗目となる。

 パンケーキを提供するようになったきっかけを「自分が好きだったから」と明かす店主の福井寿和さん。「スイーツ男子」を自称し、作ることも食べることも好きだという。「東京に行き、多い時は1日に7店もパンケーキを食べ歩いたことがあった」とも。

 店舗面積は約30坪、席数は57席。店内のコンセプトは青森店と同様に「靴を脱いでくつろげるアットホームな場」を継承し、「子連れの来店者」をメインターゲットにしている。福井さんは「キッズスペースや子どものプレイルームなどがあっても子どもが泣いてしまうとお母さんが遠慮して、外に連れ出してしまうことが多い。当店ではそんな気遣いをさせないよう、遠慮なくお子さんを連れて来てほしい」と話す。

 メニューの「極厚パンケーキデラックス」(1,980円)と「極厚パンケーキ」(1,080円)、「チョコバナナとグラノーラ」(1,320円)などは、厚さ約7センチのパンケーキで提供する。福井さんは「当店調べでは日本一の厚さになるのでは」と自信を見せる。7種のハワイアンパンケーキ(890円~)は青森県産の小麦粉を使ったオリジナルパンケーキで、ホイップ増量(150円)やパンケーキ追加(200円)といったトッピングにも対応。パスタメニューや子ども向けに「お子さまのパンケーキセット」(580円)なども用意する。

 青森店では県外からも子ども連れの来店があったという。福井さんは「当店でもお母さんたちがリラックスできるような場を提供していきたい」と話す。

 営業時間は10時~20時。

グローバルフォトニュース