見る・遊ぶ

白神山地で体験ツアーキャンプ 都内イタリアンレストランと共同企画

渓流下りに挑戦する参加者たち

渓流下りに挑戦する参加者たち

  •  
  •  

 アクアグリーンビレッジANMON(青森県西目屋村)で8月22日・23日、体験ツアー「白神スターライトキャンプ」が開催された。

2日目の朝食ではパン焼き体験を実施。2本目、3本目に挑戦する人たちも多かった

 世界自然遺産・白神山地の玄関口にある西目屋村を中心に、周辺で獲れる魚や肉、野菜を使った夕食、トレッキングや渓流下りなどを体験する同ツアー。同村とシードル(リンゴ酒)を作る「弘前シードル工房Kimori」(弘前市清水)、イタリアンレストラングループ「COVA JAPAN」(東京都千代田区)が共同で企画した。

[広告]

 主にインターネットでの募集告知を通じ、7組23人が参加した。当日は、天候に恵まれず予定していた屋外でのバーベキューや星空を見上げるためのスカイテント設営は行えなかったが、秋田県から2人で参加していた金森弥生さんと高橋ゆかりさんは「世界遺産を体験できるというフレーズに心が引かれてツアーに申し込んだ。たくさんの貴重な体験ができてとても満足している。次回もあるならまた参加したい」と話していた。

 Kimoriの高橋哲史さんは「地元住民が実は白神山地に行ったことがない。今回のような形で一つのパッケージができあがったことで関心を喚起するきっかけにもなるはず」と話す。

 COVA JAPANは、系列店で同村産の食材やKimoriのシードルを提供しており、「世界遺産の恵みを提供できるというのは大きな財産」と専務取締役の吉岡仁さん。「食以外の面で白神山地を体験できるのがこのツアーの趣旨。現地まで実際に足を運ぶことで初めて理解できる体験ツアーになったのでは」とも。

 同ツアーの前日には、白神山地周辺の食材を使ったフルコース「食べる世界遺産」を企画。関係者向けに提供したという。吉岡さんは「今後もより白神山地との関係を深めていきたい」と意欲を見せる。

  • はてなブックマークに追加