新型コロナ関連青森県、14日の新規陽性者19人

食べる

弘前にカフェ「レッド」 バーから業態転換、占いコーナーも

cafe Redの赤石恵輔さん(左)と静佳さん(右)

cafe Redの赤石恵輔さん(左)と静佳さん(右)

  • 153

  •  

 弘前バスターミナル近くに「cafe Red(レッド)」(弘前市駅前)が3月12日、移転オープンした。

ログハウス風の店内

 土手町にあった「Bar VORTEX(ヴォルテックス)」がバーからカフェに営業形態を変えて移転した同店。赤石恵輔さんと静佳さん夫婦が経営する。

[広告]

 恵輔さんは10年近くラーメン店「蘭華亭」(弘前市駅前町)で働き、静佳さんは青森の酒店で働いていたが、2019(平成31)年3月16日にヴォルテックスを2人で開業する。「少しずつ軌道に乗りつつあったが、新型コロナウイルスによってアルコールが提供しにくくなり、夜の営業が厳しくなった」と恵輔さん。静佳さんは「このテナントとご縁があり、業態を変えて移転することに決めた」と話す。

 店舗面積は約20坪で客席数は12席。ログハウス風の居抜きでほとんど改修はしていないという。店内には占いコーナーを設置。自己分析や性格診断コースができるオーラカラー鑑定(3,000円)、タロットカード、ルノルマンカードを使った占いコース(2,000円)を行う。占いは30分程度で、複数向けの相性占いなどにも対応する。

 静佳さんは「ヴォルテックスでは占い師をゲストにしたイベントが好評だったため、占い師に常駐してもらうことにした」と話す。「カフェ店内に占いコーナーを作ることで、気軽に試してみる機会になれば」とも。

 メニューは、エビピラフ(700円)、オムライス(800円)、サラダやスープがセットとなるよくばりランチ(1,500円)、レディースランチ(1,200円)など。ラーメン店での経験を生かしたまぜそば(850円)、しおラーメン、しょうゆラーメン(以上、750円)などのラーメンメニューを用意。テークアウトにも対応する。

 今後は紅茶メニューを増やし、コロナ後はアルコールの提供も考えている。恵輔さんは「まだまだ未熟な2人。客の要望に耳を傾け、客と一緒に作り上げていけるような店にしたい」と話す。

 営業時間は11時~21時。水曜定休。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース