買う

弘前の雑貨店「SCENE」閉店へ 13年の営業に幕

「SCENE」店内(撮影は3月20日)

「SCENE」店内(撮影は3月20日)

  •  
  •  

 弘前の雑貨店「SCENE(シーン)弘前城東店」(弘前市高田、TEL 0172-29-2511)が4月30日に閉店する。

 ライフスタイルショップとして日用雑貨やインテリア、アパレルといった商品をそろえる同店。店舗面積350坪は、雑貨店として県内最大規模。愛知に本社があるIT会社「箱組」が運営する。

[広告]

 開業は2005年7月21日。家電量販店「でんきのセキド」の跡地に出店した。店長の鎌田紀子さんは「お付き合いのあったサンワドー(青森市)から提案があり、新しいジャンルへの挑戦だった」と話す。

 宣伝や広告は積極的に行わず、口コミで広げる戦略を取ったため、爆発的な集客があったわけではなく、営業スタイルは「自然体」と鎌田さん。「広い店内を1時間以上もかけて回るお客さまやデートのように回られるカップルもいた」と振り返る。「私自身も高校時代には自転車で通ったこともあり、思い出深い店だった」とも。

 客が減少したことについて、鎌田さんは「開業当初は今ほど雑貨店もなく、ネット通販などもなかったが、近年、実物は当店で見て、ネットなどから安く購入する人も多くなっていたのでは」と明かす。

 4月1日からは「完全閉店売り尽くし」と銘打ち、店内商品を半額で販売する(一部商品を除く)。鎌田さんは「品数が少ない状態になっているが、営業日最後までよろしくお願いします」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時~20時(4月1日から19時)。

  • はてなブックマークに追加