見る・遊ぶ

弘南鉄道が「鉄子の育て方」に登場-6000系の思い出を振り返る

「鉄子の育て方」に女性キャラとして出演したが本当は男性の弘南鉄道の中田正志さん

「鉄子の育て方」に女性キャラとして出演したが本当は男性の弘南鉄道の中田正志さん

  •  
  •  

 1月6日発売の漫画「鉄子(てつこ)の育て方」(講談社)に弘南鉄道(青森県平川市)が紹介され、注目を集めている。

弘南鉄道が紹介されている「鉄子の育て方」のワンシーン。登場しているのは中田正子さんという女性

 同漫画は「月刊ヤングマガジン」で2014年3月号から連載を開始し、同4月にはテレビドラマ化された。ストーリーは、女子アナウンサーを目指すヒロインが鉄道専門番組を制作するケーブルテレビ局に就職し、鉄道愛好家たちと交流しながら鉄道の奥深さを描く。

[広告]

 弘南鉄道が紹介されたのは、同社が所有する6000系をかつて東京で走った「東急旧6000系」の当時の色に塗り戻すというストーリー。同車両は20両しか製造されておらず、1989年まで東京急行電鉄が運用し、そのうちの4両は弘南鉄道に譲渡していた。現在でも当時の車両を一目見ようと全国から鉄道愛好家が弘前を訪れている。

 同鉄道の中田正志さんは「2011年に放送した『鉄道写真物語~1枚にかける旅~あの車両(ひと)に会いたいSP』がモデルになっている」と話す。同番組では鉄道愛好家として知られるお笑いコンビ・ダーリンハニーの吉川正洋さんが出演し、6000系に乗った少年時代を振り返った。

 中田さんは漫画の中で、同社を案内する女性キャラクターとして登場している。女性として登場したことに苦笑いをしつつ、「取材の時に交わした実際の会話が反映されていた」と喜ぶ。発売から1カ月が経ち、「本を見た」「買った」といった周囲からの反響があり、問合せも増えているという。今後もテレビ番組などに出演する予定があり、「利用客の増加につながれば」と話す。「テレビドラマにも出てみたい」と意欲も見せた。

  • はてなブックマークに追加