食べる 暮らす・働く

青森・藤崎「焼肉五苑」が営業再開 ローソン跡に移転、旧店舗の場所ではローソンが営業

移転した焼肉五苑青森藤崎店

移転した焼肉五苑青森藤崎店

  • 131

  •  

 「焼肉五苑」青森藤崎店が6月6日、青森・藤崎の国道339号沿いにある「ローソン藤崎店」跡で営業を再開した。

移転したローソン藤崎店

[広告]

 1月17日に閉店した「焼肉五苑」青森藤崎店のあった場所には現在、「ローソン藤崎店」が出店している。3月17日に移転したローソン藤崎店と「焼肉五苑」の距離間は500メートルほど。出店場所が「入れ替わった」かたちとなったことについて、地元民の間では「トレード出店」「なぜ移転し合ったのか」などと話題を呼んでいる。

 「焼肉五苑青森藤崎店」を運営する「グロウアップ」(藤崎町)マネジャーの田中秀樹さんは「出店場所が入れ替わったのは、移転したいタイミングが同じだったから」と話す。「ローソン」の広報担当者は「移転するなら地元・藤崎と考えており、藤崎内で場所を探していた」と話す。「焼肉五苑青森藤崎店」と「ローソン藤崎店」の開業は2001(平成13)年。奇しくも開業と移転が同じ年となった。

 ローソン藤崎店は「焼肉五苑青森藤崎店」の旧店舗を取り壊し、約600坪の敷地中央に店舗を新設。店の両側に駐車場を備える。ローソンの広報担当者は「店の両側を駐車場にしたことで入り口は2つ。珍しい店舗に感じるかもしれないが、さまざまな土地条件に合わせていつも店作りをしている」と話す。

 「焼肉五苑青森藤崎店」は大阪発祥の「焼肉五苑」の焼き肉チェーン店。「うまくて安い」をコンセプトに、国産にこだわった肉を提供する。新店の店舗面積は42坪、客席数は96席。店舗中央に小上がり席を設け、窓際にはテーブル席、喫煙室も設置する。

 田中さんは「老朽化していた旧店舗を建て直すか、新築するか移転するか社内で検討を重ねていた。コロナ禍もあり新築は難しいと考えていたところ、『ローソン藤崎店』が移転場所を探している話を知り、『ローソン藤崎店』は当店の旧店舗の土地に出店し、私たちは『ローソン藤崎店』だった店舗を改修してオープンすることになった」と話す。

 「焼肉五苑」は5月18日にプレオープンした。田中さんは「ありがたいことに多くのお客さまに来てもらっている。移転したことで大きくなった看板の効果もあるのかもしれない」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時~23時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

弘前経済新聞VOTE

いま注目している弘前の話題は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース