新型コロナ関連青森県、25日の新規陽性者1人

学ぶ・知る

西目屋の乳穂ヶ滝、完全氷結せず 期待込めてライトアップは実施

徐々に氷がつながっていく乳穂ヶ滝の様子(1月6日~1月15日、「好きです西目屋」インスタグラムページ)

徐々に氷がつながっていく乳穂ヶ滝の様子(1月6日~1月15日、「好きです西目屋」インスタグラムページ)

  • 68

  •  

 青森・西目屋の乳穂ヶ滝(におがたき)の「氷瀑(ひょうばく)」が1月18日、完全氷結に届かず崩落したことが分かった。

現在の乳穂ヶ滝(1月18日15時に撮影)

 厳冬期になると迫力ある氷瀑が見られることで知られる同滝。高さ33メートルの直瀑(ちょくばく)型で今年は2018(平成30)年2月ぶりの完全氷結が期待されていた。年明けからまとまった寒波の影響で着実に氷柱が伸びていたが、完全氷結まで約1メートル届かなかった。

[広告]

 西目屋村産業課では1月5日から観測を始め、毎朝9時に撮影した写真をインスタグラムに投稿していた。同課担当者は「16日午後の観測ではまだ氷結していたが、翌17日午前に見た人のツイッターではすでに崩落していたようだ」と話す。

 毎年2月の第3日曜に開催される「乳穂ヶ滝氷祭」では滝の氷結具合で農凶を占う。今年は新型コロナウイルスの影響で祭りは中止となったが、ライトアップは2月1日から28日まで実施する予定。

 同課担当者は「3年前は乳穂ヶ滝氷祭の後に氷結した。今年はまだ1月。チャンスはまだあるかもしれない」と期待を寄せる。

弘前経済新聞VOTE

今年の弘前さくらまつりはどうすべき?