3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

弘前のデパートにパンケーキ専門店「ピヨ」 移動販売車も

「Piyo」スタッフ

「Piyo」スタッフ

  •  
  •  

 イトーヨーカドー弘前店(弘前市駅前)1階エントランスホールに6月1日、「窯焼きパンケーキ&Cafe Piyo」(TEL 0172-32-2100)がオープンした。

田舎館産のドライイチゴを使ったストロベリーパンケーキ

 県産の卵と牛乳を使い、注文を受けてから一枚一枚焼き上げるパンケーキ専門店。「イタリアントマトカフェJr」の跡地に出店した。経営は保商(弘前市野田)。保商はイオン藤崎店(藤崎町)フードコート内でクレープを中心にラーメンやソフトクリームを販売する飲食店「Hosho 東花(とうか) 藤崎店」などを手掛けている。

[広告]

 店長の比内理司さんは「弘前駅に近くで忙しくしている人たちが、落ち着いて休めるような店にしたい」と話す。店舗面積は21坪、客席数は28席。現在は客席数を減らして営業する。

 メニューは、窯焼きパンケーキ・プレーン(720円)、チョコレートパンケーキ(800)、田舎館産のドライイチゴを使ったストロベリーパンケーキ(880円)のほか、ピザ(720円~)やドリア(720円~)など。ドリンクメニューとしてサイホンで入れるブレンドコーヒー(380円)、青森大豆を使った大豆コーヒー(420円)、一日10杯限定の水出しコーヒー(500円)も用意する。以上税別。

 比内さんは「パンケーキは提供までに20分ほどかかってしまう。じっくり焼き上げるので待たせしてしまう。事前予約していただけるとスムーズに提供できる。テークアウトにも対応する」と話す。

 比内さんは移動販売車でスイーツを提供する「Crepe&cafe Piyo」を5月11日に出店した。移動手段のない人向けにこちらから出向いてスイーツを販売できるようなサービスを考えたという。メニューはクリームブリュレクレープ(400円)など。現在はイベントなどがないため、火曜・木曜に保商の駐車場で営業する。販売場所は今後、SNSで告知する。

 比内さんは「地元の店だからこそできることに挑戦し、弘前の魅力を発信できるような地産メニューを増やしたり、地元を応援できたりする店にしていきたい」と意欲を見せる。

営業時間は9時~19時30分。フード提供時間は10時~19時。