3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

弘前さくらまつり、中止を発表 関連イベントは延期へ

中止を発表した記者会見。中央が櫻田宏弘前市長

中止を発表した記者会見。中央が櫻田宏弘前市長

  •  
  •  

 弘前市が3月26日、「弘前さくらまつり」の開催中止を発表した。

4月1日配布開始の「広報ひろさき」の表紙は桜ミク

 弘前市、弘前観光コンベンション、弘前商工会議所、弘前市物産協会で協議の上、弘前公園で4月23日~5月6日に予定していたイベント中止を決定した。露店約200店の出店、公園内での飲食は原則禁止する。

[広告]

 市の発表によると、夜間ライトアップとぼんぼり設置は実施、園内への入園規制などは設けず、何らかの感染防止策を行うという。

 弘前さくらまつりは、1918(大正7)年に「弘前観桜会」として始まり、中止はこれまで3回、太平洋戦争を境とした1944(昭和19)年~1946(昭和21)年で、今年は開催100回目の節目となる。

 櫻田宏弘前市長は「出店や宴会なども禁止としたが、今までの準備やこれからの新型コロナウイルス感染対策なども含めて今年を100回目とする」と話す。

 櫻田市長は「市民の皆さまの命と健康を第一に考え中止した。東京五輪の開催延期や、関東では週末の外出自粛要請といった日に日に感染が拡大している。青森県内でも発生事例があり、もし開催し、感染者が出る事態ともなれば中止にせざるを得ない。そうなる前に中止とする厳しい決断だった」と話す。

 具体的な感染防止策は今後発表する予定で、ポスターなどの回収は行わず、新たに中止を告知する印刷物を用意するという。中止の発表を受け、4月29日に予定していた弘前観桜会100回記念吉幾三コンサートは延期、弘前さくらまつり公式応援キャラクター「桜ミク」によるイベントは新型コロナウイルス感染拡大に影響しない範囲で実施する。詳細は弘前観光コンベンション協会のホームページを通じ随時発表する。