学ぶ・知る

弘大卒業生がセレクトショップで合同展 肖像画やドライフラワー作品など

4回目の合同展の様子。弘前のスペースデネガで行われた

4回目の合同展の様子。弘前のスペースデネガで行われた

  •  
  •  

 弘前のセレクトショップ「CIENTO(シエント)」(弘前市土手町)2階スペースLIGHT MAGICで3月9日、弘前大学卒業生らによる合同展「晩翠(ばんすい)」が開催される。

クドウユブネさんのドライフラワー作品

 弘前大学卒業生の佐藤すきまさんとクドウユブネさんの2人による合同展。佐藤さんは和歌山在住の肖像画家。クドウさんは弘前在住のドライフラワー作家。2人は現在26歳で、大学生活を共に送ったという。

[広告]

 合同展は今回で5回目。「言葉にできない」感情の顔を描いた肖像絵画など約80点やドライフラワー作品を展示する。開催期間中には、ゲストとして弘前大学2年のふさえさんを迎え、「切なさ」や「苦しさ」をテーマにしたオリジナル曲を不定期で披露する。

 佐藤さんは「『晩翠』は冬枯れの季節でも葉が緑色であることを指す言葉。見た人の『晩翠』を大事にしてほしいというメッセージを込める展示にしている」と話す。

 開催日は10日、16日、17日、23日、24日。開催時間は11時~19時。入場無料。9日の展示終了後はレセプションパーティーを開き、作者による作品紹介や、ふさえさんのミニライブを行う。参加費は500円。

  • はてなブックマークに追加