食べる

弘前駅前にバー「グレンモア」 ウイスキー100種超以上の提供

八木橋晋也さん(左)と蒔苗昭雄さん(右)

八木橋晋也さん(左)と蒔苗昭雄さん(右)

  •  

 弘前駅前にスコティッシュバー「BAR GLEN MORE(バーグレンモア)」(弘前市駅前、TEL 0172-26-5338)が11月5日、オープンした。

黒を基調とした外観が特徴

 100種以上のウイスキーをそろえ、バーテンダーの八木橋晋也さんと蒔苗昭雄さんがカウンターに立つ同店。グレンは「谷」という意味でスコッチの銘柄に付けられることも多く、スコッチウイスキーの意味も含むことから「ウイスキーをもっと楽しく」との意味を込め店名を付けたという。

[広告]

 八木橋さんは高校卒業後から鍛冶町の飲食店などで働き始め、約15年間、愛知にあるホテルの営業などの職を経験。2013年に弘前に帰郷し、バーテンダーとして働いていたが、自分の店を持ちたいと一念発起し、同い年のバーテンダー・蒔苗昭雄さんに声を掛けた。

 店舗面積は20坪。客席数は23席。元洋服店だった空き物件の内部を全て改修した。レイアウトや内装などは八木橋さんが考えたという。「ボーラーハットの紳士が似合うような空間にした」と八木橋さん。椅子は海外から取り寄せたり客席スペースにはゆとりを持たせたりするといったこだわりを見せる。

 メニューは、ハイボールがシングルモルト・スコッチウイスキー(650円~)、ジャパニーズウイスキー(650円)、アイリッシュウイスキー(650円)のほか、ビール(650円~)、カクテル(650円~)など。フードメニューはミックスナッツ(300円)、ピクルス(500円)、ワカモーレ(650円)、せせりの油淋鶏(700円)、めんたいこアリゴ(800円)など。

 八木橋さんは「観光客や出張で訪れた人の利用、待ち合わせや一人飲みといったさまざまな使い方をされるバーを目指したい。ウイスキーの数をもっと増やしてカジュアルな店づくりができれば」と意欲を見せる。

 営業時間は17時~翌2時。

弘前経済新聞VOTE

eスポーツの競技として参加したいゲームは?