3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く 学ぶ・知る

弘経の年間ランキング1位は「自由すぎる」書道展 「北斗の拳」原哲夫さんも反応

2017年年間ランキングに選ばれた「自由すぎる」書道展

2017年年間ランキングに選ばれた「自由すぎる」書道展

  •  
  •  

 弘前経済新聞の2017年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、「自由すぎる」と話題を集めた「書道展」を伝える記事だった。

2位に選ばれた「異常な」登山道

 ランキングは、今年1月1日から12月14日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 弘前で「自由すぎる」書道展 「北斗の拳」「残念な体の生き物」などテーマに(3/12)

2. 青森・岩木山の登山道、カーブの多さがネットで話題に 全長9.8キロにカーブ69カ所(6/7)

3. 津軽・嘉瀬駅の「キャンバス列車」、香取慎吾さんらが20年ぶりに塗り替え(6/9)

4. 弘前のチャーシュー麺が話題に 常連学生に始めたサービスがきっかけ(4/17)

5. 弘前舞台のイラスト「幼なじみ」シリーズ、SNSで話題に 累計11万以上のリツイート(9/8)

6. 弘前に食パン専門店「乃が美」 オープン初日は100人が行列(11/1)

7. 青森のご当地パン「イギリストースト」にハードタイプ ジャリジャリ感を強める(3/13)

8. 弘前大学でミスコンテスト 保健学科在籍の3人がエントリー(10/27)

9. 弘前のメープルシロップ専門店ネットで話題に 「なぜ」、首かしげる店主(10/4)

10. 青森で唯一の女子野球部員、「最後の夏」に挑戦(5/26)

 1位の「自由すぎる」書道展は、毎年3月にイトーヨーカドー弘前店(弘前市駅前)地下通路ヨークギャラリーで開催し、今年は漫画「北斗の拳」の必殺技や「残念な体の生き物」「恐竜」「全国の名城」を題材にした21人の子どもたちの作品を展示した。記事の反響は大きく、同作の漫画家・原哲夫さんからも主催した「日本教育書道会」桜風書道教室(藤崎町)の三浦桜風さんに連絡があり、公式ブログでも紹介された。

 2位は、岩木山の8合目まで登る有料自動車道「津軽岩木スカイライン」がネット上で話題となっていることを伝える記事だった。全長9.8キロに69カ所のカーブがある同自動車道の地図画像が「異常」と紹介するツイートが拡散。今年10月にはロングスケートボードの世界大会ダウンヒルレースが行われたことで、改めて記事が読まれる機会となった。

 3位は、津軽鉄道・嘉瀬駅(五所川原市金木)にあった元SMAPの香取慎吾さんが手掛けた「キャンバス列車」が塗り替えられた記事だった。20年前に一緒に絵を描いた地元の小学生たちと再会した香取さんが、一緒に同列車を塗り替えていく様子はテレビ番組で紹介され、大きな反響を呼んだ。現在でも同車両を見に、全国からファンたちが訪れているという。

 11位~20位には、弘前にできた新しい店を紹介する記事が並び、11位にはラーメン研究家で知られる石山勇人さんが初めて手掛けるラーメン店「八甲田食堂」(弘前市桶屋町)や14位には32年ぶりの出店となる「ロッテリア弘前イトーヨーカドー店」(弘前市駅前)、15位には「スターバックス弘前さくら野店」(弘前市高崎)などが入った。

 弘前経済新聞は2018年も弘前の街ネタを中心にビジネス&カルチャーニュースを届けていきたい。

Stay at Home

弘前経済新聞VOTE

コロナが収束したら何をしたい?