天気予報

-1

-3

みん経トピックス

今年のミス桜はミス弘大弘前の博物館40周年記念展

弘前で「相馬のアイスクリーム」営業へ 春の訪れ告げる地元の風物詩

弘前で「相馬のアイスクリーム」営業へ 春の訪れ告げる地元の風物詩

店主の相馬和夫さん

写真を拡大 地図を拡大

 弘前のアイスクリーム専門店「相馬アイスクリーム商店」(弘前市悪戸、TEL 0172-32-6816)が4月8日、今季の営業を始めた。

相馬のミルクキャンディー6種とアズキキャンディー

 「悪戸(あくど)のアイス」の愛称で地元民に親しまれ、4月~9月の夏季のみ営業する同店。4月からの営業開始は、弘前に春の訪れを告げる風物詩として知られ、待ち望む地元民も多い。

 店主の相馬和夫さんは「毎年同じようにやるだけ」と笑顔を見せる。相馬さんによると、今季から、昨年の台風の影響による原材料の高騰や製造機械を新しくしたことに伴い、アイスキャンディー商品を10円値上げするという。

 商品ラインアップは、ミルクキャンディー(ミルク、イチゴ、メロン、抹茶、コーヒー、チョコ、以上80円)、あずきキャンディー(90円)、チリンチリンアイス(80円~)、ミルクシャーベット(80円~)、シェーク(280円~)、サンデー(280円)、テークアウト専用のカップミルクアイス(450円)、カップシャーベット(350円)。

 開店初日は買い物客が列をなした。漫画「ふらいんぐうぃっち」の聖地巡礼ファンも訪れたという。「昨年漫画に載ったのは冬季休業に入った後だった。今後どう反響があるかまだ分からないが、千葉から訪れたファンもいて驚いた」と相馬さん。

 営業時間は8時~18時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

「弘前」ご当地ナンバー導入、どう思いますか?

アクセスランキング