見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

青森県田舎館村の萌えキャラ「いち姫」、新フィギュア登場 田んぼアートをPR

いち姫(写真右)、いち子(写真左)の新フィギュア。青森限定販売のいち子目当てに全国各地から田舎館村を訪れたファンがいるとか

いち姫(写真右)、いち子(写真左)の新フィギュア。青森限定販売のいち子目当てに全国各地から田舎館村を訪れたファンがいるとか

  •  
  •  

 青森県田舎館村に工場を置く精密加工会社「ソルテック」(東京都墨田区)が9月27日、同村の萌(も)えキャラクター「いち姫」の新フィギュアを発売した。

ソルテック・ホビーチームマネジャーの平井俊之さん。いち姫を通じて田舎館村を応援したい、と話す

 「いち姫」は、戦国時代に田舎館城主・千徳政武の妻だった千徳於市(せんとくおいち)をモチーフにしたキャラクター。同社が「諏訪姫プロジェクト」を手掛けている「ピーエムオフィスエー」(長野県諏訪市)に企画を提案し具現化。姉妹企画として2014年にフィギュアなどのグッズ販売を開始した。

[広告]

 新フィギュアのテーマは「田んぼアート」。稲穂を持った「いち姫」に3つの米俵を配置した。同日、東京・秋葉原で開催された「萌え酒サミット2015」会場と同村役場で先行販売を開始。同フィギュアの本格販売は10月中旬を予定している。「いち姫」が現代に転生した姿という設定の「中辻いち子」のフィギュアは、同村役場・道の駅など青森県内限定で販売する。

 新フィギュアの開発について、ホビーチームマネジャー平井俊之さんは「田舎館村が『田んぼアート』の発祥の地だということが全国的にあまり知られていない。『いち姫』を入り口として田舎館村と田んぼアートをもっと知ってもらいたい」と話す。

 1体750円。「いち姫」は全国の玩具店などでも販売する。

  • はてなブックマークに追加