見る・遊ぶ

弘前で「自由すぎる」書道作品展 ユーチューブチャンネル名や「歯の病気」など

地下通路に展示する桜風書道教室作品展

地下通路に展示する桜風書道教室作品展

  • 1026

  •  

 イトーヨーカドー弘前店(弘前市駅前)地下通路ヨークギャラリーで3月8日、「自由すぎる」テーマで知られる書道作品展「桜風書道教室作品展」が始まった。

好きなユーチューブチャンネル名を書いた作品

[広告]

 日本教育書道会桜風支部の三浦桜風さんが代表を務める「桜風書道教室」(藤崎町)が毎年3月に開いている同展。今年は、小学1年から大学3年までの生徒28人による作品約330点を「動く歩道」沿いに展示する。

 テーマはこれまで、「北斗の拳の必殺技」「鬼滅の刃」「日本酒の銘柄」などユニークな視点が特徴で、「自由すぎる」とネット上でも毎年話題を集めている。

 今年のテーマは、「好きなユーチューブチャンネル」「母の口ぐせ」「雨の種類」「好きなパスタ」「読んでおきたい名作」「歯の病気」「お札になった人物」など。三浦さんによると、子どもたちに楽しく字を書いてもらうだけでなく、ひらがなやカタカナ、漢字を書かせるテーマを決めることには苦労しているという。

 「歯の病気」は三浦さん自身が通っている歯科医と相談して決めたテーマという。歯を大切にしてほしいとの思いから病気名を子どもたちに選ばせて書かせた。「世界一達筆な歯の病気になっているのでは」と三浦さん。

 「一生懸命書いた子どもたちの作品をぜひ見に来てほしい。じかに見てもらうのが一番うれしいが、ぜひ写真に撮ってスマホの待受画面に使ったりSNSで話題にしたりしてほしい」と笑顔を見せる。

 入場無料。4月7日まで。

ピックアップ

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース