食べる

青森・藤崎にニュートリションカフェ「328」 管理栄養士が出店

店主の藤林章子さん

店主の藤林章子さん

  • 129

  •  

 JR北常盤駅通りにカフェ「nutrition cafe 328(ニュートリションカフェ みつば)」(南津軽郡藤崎町常盤)が1月28日、オープンする。

328の「しっかり食」

[広告]

 管理栄養士で店主の藤林章子さんが長年の夢だったカフェを出店した。「ニュートリション」は栄養補給や栄養摂取との意味で、栄養バランスのとれたランチメニューとコーヒー、リンゴジュースなどのドリンクを提供する。店内には料理のカロリーや栄養成分を紹介するメニュー表やレシピなどを用意する。

 藤林さんは常盤地区在住で、学校や病院の献立を考える栄養士として働き、現在も在宅訪問管理栄養士として週に一度勤務する。退職後には経験を生かした総菜店などを夢見ていたが、退職前に開業した理由について藤林さんは「新しいことは早い方がいい思い、挑戦に最適と言われる自分のえとである2023年のうさぎ年にオープンしようと決めた」と振り返る。店のイラストにはうさぎを起用し、三つ葉を持たせた。

 昨年3月に閉店したスナック跡を改装した。藤林さんによると、家主から自由に使っていいと許しをもらい、ナチュラルで緑や木を取り入れた内装にしたという。カリフラワーやキャベツを練り込まれたしっくいは藤林さんが塗った。建物の前面は店内の様子が分かりやすいようガラス張りにし、エントランスには植樹を予定している。

 メニューは「しっかり食」(1,350円)と「ちゃんと食」(1,250円)。2つは月替わりメニューで、主食、主菜、副菜をそろえ、食塩の取りすぎに配慮した料理。「しっかり食」にはほうれん草のキッシュがつく。隣接する「イシザワ菓子舗」で購入した菓子の持ち込みにも対応する。

 オープンは当初予定した2023年に間に合わず、2024年になった。「準備が間に合っていない」と苦笑する藤林さん。現在は食事メニューのみだが、2月からは農林水産省が推奨する「毎日くだもの200グラム運動」に賛同した200グラムのフルーツを入れたパフェを提供する。健康な食事・食環境認証制度「スマートミール」を申請し、8月の認証を目指す。

 藤林さんは「周囲に支えられ助けられてようやくオープンすることができた。まだまだ改善点の多いが、当店の料理が食や栄養管理に興味を持つきっかけになれば」と話す。

 営業時間は11時~17時。月・木曜、第1・3日曜定休。

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース