暮らす・働く 学ぶ・知る

青森の旅館が無料で引き取り手募集 再活用の方法を探る

旅館「飛龍閣」

旅館「飛龍閣」

  • 808

  •  

 旅館「飛龍閣」(北津軽郡中泊町小泊)が現在、施設活用者を募集している。

「飛龍閣」間取り図

[広告]

 2013(平成25)年に閉業した2階建て地下1階の旅館。広さは668平方メートルで、1階は3部屋、2階には8部屋の客室があり、地下1階には大広間と2つの浴室がある。持ち主の鈴木明弘さんは「誰か使ってくれる人がいるのであれば、無料でぜひ使ってほしい」と話す。

 鈴木さんが23歳の時、1959(昭和34)年に開業した同旅館。増改築を繰り返し、1989(平成元)年に地下を造り、1990(平成2)年に現在の形になった。鈴木さんによると、大型バスによる観光ツアーの受け入れや、児玉清さんや松方弘樹さんなど芸能人も泊まったことがあるという。

 後継ぎがいないことから引き取り手を募集することを決めた鈴木さん。青森ヒバや秋田杉を使った階段や天井、窓から望む水平線など、旅館を壊してしまうよりは再活用の道を選んだという。

 鈴木さんは「水まわりや傷んでいる箇所もあり、改修は必要になるが、うまく使ってくれる人にぜひ譲りたい」と呼びかける。

 問い合わせは中泊町(TEL 0173-57-2111)まで。

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース