3密を避けて新しい生活様式へ!

弘前でEXILEのトークイベント-「これは行くしかない」と来場者1500人

EXILEのUSAさんとTETSUYAさんのツーショット

EXILEのUSAさんとTETSUYAさんのツーショット

  •  
  •  

 弘前駅前のショッピングモール「ヒロロ」(弘前市駅前町)で1月25日、EXILEのUSAさんとTETSUYAさんのトークイベントが開催された。

EXILEのUSAさんとTETSUYAさんのトークイベントの様子(1)約1500人が詰めかけた会場

 青森市のねぶた祭りなど全国12カ所の祭りを紹介した「日本で踊ろう!DANCE EARTH JAPAN」の書籍とDVD発売に併せ、「踊りを通して交流した現地の人たちに恩返しや感謝をしたい」というUSAさんの思いから実現した。地方開催は初で、「青森を起点にこれから可能な限り他のエリアも回っていきたい」とUSAさんは話す。

[広告]

 イベントの情報は直前まで発表されず、1月17日にヒロロの公式サイトやSNSを中心に発表。公式フェイスブックページでは100回以上シェアされ、ツイッターでは「弘前にUSAとか来るの?すご」「これは行くしかない」(原文ママ)などと、瞬く間に情報は広がった。

 ヒロロの発表によると、来場者は予定を上回る約1500人。トークショーの後に行われた書籍とDVDの手渡し会では整理券を求める700人以上のファンの列が、開店10時前にできていたという。最初に手渡しを受けた工藤翔愛さんと玲果さんの姉妹は朝5時45分から並んでいたと話し、「近くに見ることができて本当にうれしかった」と翔愛さんは涙をこぼしながら喜ぶ。秋田県大館市から来たという大学生・伊藤季子さんと佐藤蘭さんは前日の夜から弘前に入り、開店前のヒロロに並んだ。最前列でトークショーを見ることができ、間近に感じた2人に満足げな表情を見せた。

 約90分のイベントでは会場となった3階ヒロロスクウェアの暖房を消していたが、ファンたちの熱気で会場は汗ばむほどだった。「冬の青森に来たのに汗をかいた」と笑うUSAさん。「弘前は初めて訪れたが、ファンの盛り上がりがすごい。弘前でライブができたらいいですね」とTETSUYAさんはさらに会場を盛り上げていた。ヒロロの担当者は「2013年のオープン以来の人出だったのでは」と話す。

 USAさんとTETSUYAさんの2人は短い滞在時間の中、USAさんが以前訪れたという居酒屋へ足を運んだ。当時書いたサインが残っており、「懐かしかった」とUSAさん。「次は『弘前ねぷた』にも参加したい」と思いを語った。