新型コロナ関連19日は407人の新規感染症患者

学ぶ・知る

ひろさき芸術舞踊実行委員会が「SHIROFES.2022.」オンラインオーディション

さまざまな投稿がすでにあるオンラインオーディションのスクリーンショット

さまざまな投稿がすでにあるオンラインオーディションのスクリーンショット

  • 35

  •  

 ひろさき芸術舞踊実行委員会が現在、ダンス&パフォーマンス複合フェスティバル「SHIROFES.2022.」の出演者オーディションをオンラインで行っている。

「SHIROFES.」のイベントの様子

[広告]

 毎年7月に開催する同イベントは、弘前城本丸を舞台に海外からも集まるストリートダンサーたちによるダンスバトルやパフォーマーのショーやライブなどを行っていた。昨年11月には文化庁・スポーツ庁・観光庁の「スポーツ文化ツーリズムアワード2021」大賞を受賞している。

 今年は7月3日・4日に開催予定で、開催場所を総合レジャー施設「星と森のロマントピア」(弘前市水木在家)に移し、規模を拡大して開催するという。同実行委員会広報担当者の秋元名歩さんは「豪華なゲスト審査員やパフォーマーを呼ぶなど、より魅力的なフェスイベントになる取り組みの中で、一般からオンラインオーディションを行うことは目玉の一つ」と話す。

 オンラインオーディションはインスタグラムのリール機能を使った動画で受け付け、公式アカウントをタグ付けし、「#SIROFESオンラインオーディション」を付けて投稿する。審査基準は投稿数といいねの数、再生回数などで決めるという。

 4月20日から始まった募集の中には、地元アイドルがアコースティックで歌う姿もあるという。秋元さんは「コロナでパフォーマンスを披露する場が少なくなり、達成感を味わってほしいと企画した。ダンスに限らず、お笑いや歌など、さまざまなパフォーマンスを楽しみにしている」と呼びかける。「投稿者へのいいねで皆さまからの応援もいただけるとうれしい」とも。

 締め切りは5月20日まで。合格者はステージでのパフォーマンスができるほか、入場料(各日4,000円)が無料になる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

弘前経済新聞VOTE

【弘前市民限定】今年のさくらまつりは何回行きましたか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース