新型コロナ関連青森県、14日の新規陽性者19人

暮らす・働く

青森発リンゴ選ぶ認証画面 「県民なら分かるはず」、ネットで話題に

ふじのリンゴを選ぶという架空の認証画面(画像提供=「まるごと青森」)

ふじのリンゴを選ぶという架空の認証画面(画像提供=「まるごと青森」)

  • 1170

  •  

 リンゴを9個並べた青森版「私はロボットではありません」が現在、ネットで話題を集めている。

青森県内では小学時に「リンゴの下敷き」が配布される

 話題の発端となったのはツイッターアカウント「まるごと青森」が2月25日、「青森版『私はロボットではありません』画像選択の画像です。」と架空の認証画面を投稿。画像には9つの赤いリンゴを並べ、リンゴの品種名である「ふじ」の画像をすべて選択してください、としている。2月25日21時現在、1万7000以上のリツイート、5万以上のいいねが寄せられている。

[広告]

 「まるごと青森」は、青森県観光企画課が2005(平成17)年から始めた取り組みで、県のさまざまな観光情報や特選素材、店、メディア露出情報などを発信する。ブログから始まり、近年はツイッターやインスタグラムなどSNSを使った発信にも力を入れている。

 同担当者によると、想定外の反響で、投稿後に出席した会議から戻ってくるとすでに拡散されていたことに驚いたという。「画像認証の画面を見かける機会が多く、青森であればリンゴだろうと考えて作成した。青森県民はリンゴの食べ比べや目利きができるという話題もあり、正解が分かるはずと作った」と同担当者。

 ツイートに対し、「最高のセキュリティ」「実物見ないと分かりません。生産者より」「私はロボットでした(青森県民)」(原文ママ)といった反応や「ふじ」を選び正解を求める声もあった。

 同担当者は「正解は3つ。近いうちに正解は発表する」と笑顔を見せる。「リンゴと一口にいっても品種は多数あり、それぞれに味や見た目に特徴がある。ツイートをきっかけにリンゴに関心を持ってもらうだけでなく、青森にあるほかの生産物にも興味を持っていただけたら」とも。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース