新型コロナ関連津軽エリアの17日は18人の新規…

食べる

弘前のレストランで「セリ鍋」販売始まる 一町田産セリ使う

レストラン「こざくら」で提供する一町田のせり鍋

レストラン「こざくら」で提供する一町田のせり鍋

  • 451

  •  

 農産物直売所「ANEKKO(あねっこ)」(弘前市宮地川添、TEL 0172-82-1055)内にあるレストラン「こざくら」で12月1日、「一町田(いっちょうだ)のせり鍋」の提供が始まった。

セリを1本1本丁寧に洗う

 一町田のセリは旧岩木町にある一町田地区に約400年前から栽培が続いているという冬野菜。岩木山からの湧き水が豊富な同地区は、湧き水が冬でも凍らないことから、セリの栽培が盛んになったという。地元民の間で冬の風物詩として親しまれている。

[広告]

 せり鍋(1人前=1,200円)には一町田産のセリ1束(100グラム)を一皿に盛り付けて提供する。鍋はしょう油ベースのスープに鶏肉やネギ、豆腐などを入れる。しゃぶしゃぶのようにセリを食べられるための卵も用意する。「ANEKKO」社長の村上美栄子さんは「ごはんと一緒におじやのように食べてもおいしい」と話す。

 同レストランでは2018(平成30)年12月から期間限定でせり鍋を販売している。村上さんは「リピーターも増えている。一町田のセリの特徴は一本一本丁寧に洗われた根の部分。栄養価が高いといわれる根までぜひ食べてほしい」と話す。

 一町田のセリ栽培農家・伊東竜太さんは、収穫したセリを2つの工程に分けて洗う。「収穫したセリの根の太さや葉の痛み具合を見極め、全収穫量の7割は捨ててしまう。一つ一つ手作業で時間はかかるが、おいしいセリを届けたい」と伊東さん。

 こざくらの営業時間は11時~16時。せり鍋販売は1月下旬まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース