学ぶ・知る

弘前で「仕事術」セミナー 元電通のCMプランナーが講演

企画した樽澤武秀さん

企画した樽澤武秀さん

  •  
  •  

 弘前のコラーニングスペース「HLS弘前」(弘前市土手町)で1月25日、「HLS塾vol.20『サラリーマンの幸せ仕事術』」が開催される。

HLS塾の過去開催時の様子

 HLS塾は2017(平成29)年6月から始まったセミナーで、県外から講師を招き、まちづくりの仕掛け人から実例を聞いたりウェブサービスの講習を行ったりする。今回は、元電通のCMプランナー・本田亮さんが講師を務める。

[広告]

 本田さんは小学館「ピッカピカの1年生」やAC「こだまでしょうか?」などのCMを手掛け、2011(平成23)年に独立。アウトドア雑誌「BE-PAL(ビーパル)」で「サラリーマン転覆隊」の連載記事を担当。仕事に関する書籍を出版する傍ら、「ワークライフバランス」「自分らしい働き方」をテーマにした講演会を全国で行っている。

 企画したのは、「Next Commons Lab 弘前」の樽澤武秀さん。2019年12月に弘前へUターンしたばかりで、本田さんとの交流は2016(平成28)年に前職で仕事を一緒にしてからという。11月に開催したイベントにおいても本田さんと仕事をした樽澤さんは「弘前にUターンするという報告をしたところ、弘前でも講演できればとの話をいただいた」と振り返る。

 Uターン後に「HLS塾」を知ったことから、講師として本田さんを紹介。実現に至ったという。樽澤さんは「まさかこんなに早く実現できるとは思わなかった。『人の3倍働き、3倍遊んでいる』と言われた本田さんと交流できる機会もあり、ぜひ次につながるようなイベントになれば」と笑顔を見せる。

 当日は本田さんによる90分の講演の後、15分の質疑応答時間を設け、「40歳からの仕事で必要な71のこと」(大和書房)、「サラリーマン転覆隊が行く」(小学館)の著書販売と交流会を行う。交流会後は懇親会を開く。「酒を交えて楽しく語り合う場になれば」と樽澤さん。

 樽澤さんは「本田さんからは『今よりもっと効率的に楽しく仕事をしながら家庭とのバランスを取っていく方法を伝える』とのメッセージを預かっている。失敗を恐れないというより、失敗を笑い話として語る本田さんの姿勢には自分自身も学ぶことは多かった。仕事や人生を面白くする方法は、職種や年齢、時代や環境が違っても変わらず、新しい刺激をぜひ受けてほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は18時~20時15分。参加費は、社会人=2,000円、学生=1,000円。チケットはPeatixとフェイスブックページで販売する。

SmartNews Awards 2019

弘前経済新聞VOTE

今年のさくらまつりは開催してほしい?してほしくない?