見る・遊ぶ

弘前のサッカークラブ「ブランデュー」がホーム最終戦 ゆるキャラサッカーも

2アシストのほか、ゲームメークに貢献した眞口幸太選手

2アシストのほか、ゲームメークに貢献した眞口幸太選手

  •  
  •  

 弘前のサッカークラブ「ブランデュー弘前FC」が9月30日、ホームゲーム最終戦を弘前市運動公園球技場で行った。

16体がピッチで戦ったゆるキャラサッカー

 ブランデュー弘前は現在、東北社会人サッカーリーグ1部に所属し、今季の成績は2位。この日の試合に勝ちリーグ1位の「いわきFC」(福島)が負ければ、リーグ優勝の可能性が残っていた。

[広告]

 試合は、ブランデュー弘前が終始ボールを支配し、対戦相手「日本製鉄釜石」(岩手)を圧倒して8対1で快勝。リーグ優勝へ望みをつないだが、いわきFCも勝利したことから、リーグ優勝の可能性はほぼなくなった。

 試合前には津軽エリア16体のゆるキャラによる「2019津軽ゆるサッカーマッチ」が行われた。「チームひろさき」と「チームつがる」に分かれてキックオフし、ゆるキャラがボールを追いかける様子に会場は沸いた。

 次節リーグ最終戦は10月6日、石巻鵜総合運動公園フットボール場で3位の「コバルトーレ女川」(宮城)と戦う。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ