食べる

青森県内限定ビール「青森エール」 青森在住の元米軍兵士が醸造

青森県内でしか販売しないクラフトビール「青森エール」(撮影協力:ハッピィ カフェ 弘前駅前店)

青森県内でしか販売しないクラフトビール「青森エール」(撮影協力:ハッピィ カフェ 弘前駅前店)

  •  
  •  

 弘前のクラフトビール醸造所「Be Easy Brewing」(弘前市松ヶ枝、TEL 0172-78-1222)の新ブランド「青森エール」の販売が始まって1カ月がたった。

元米軍兵士のギャレス・バーンズさん

 青森県在住で米国人のギャレス・バーンズさんが始めた同醸造所。クラフトビールが飲める専門店「ギャレスのアジト」と併設し、元米軍爆弾処理班などの経験を生かしてギャレスさんが独学で建てた。

[広告]

 「青森エール」は県内でしか飲めないご当地ビールとして今年2月に地元飲食店向けに説明会を実施。ギャレスさん自身が冷蔵庫を改良して作った自作サーバーを披露したほか、提供店は県内20店に限定するなどと発表していた。

 販売は4月22日から開始。青森エールを導入しているフレンチ&イタリアン「アグレアーブル」(青森県むつ市、TEL 0175-23-9114)の竹川克範さんは「青森ではクラフトビールは正直まだ根付いていない。ギャレスさんというキャラクターで興味を持ち注文する人が多い。少しずつ根付いていくのでは」と話す。

 ギャレスさんは「青森エールは小麦を使ったウイートエール。クラフトビール初心者にも飲みやすく慣れている人には楽しめる味わい。想定以上の反応はあり、現在の提供店は18店。青森県内の飲食店でまだ募集している」と呼び掛ける。

 弘前の提供店舗は、カフェデュボワ上白銀店(上白銀町)、カフェ&バーChurros(上瓦ケ町)、DOTECAZI(土手町)、ピッツェリアダ・サスィーノ(土手町)、ハッピィ カフェ 弘前駅前店(駅前町)、味喜や(城東中央)、嶽温泉 山のホテル(常盤野湯の沢)。

  • はてなブックマークに追加