学ぶ・知る

弘前公園の桜、4度目の開花予報 前回より2日遅れる

弘前公園内にある標準木の桜のつぼみ

弘前公園内にある標準木の桜のつぼみ

  •  
  •  

 弘前市公園緑地課が4月8日、4回目となる弘前公園の桜の開花予定日を発表した。

早咲きの桜ノモモ(ロトウザクラ)

 発表によると、園内にあるソメイヨシノの標準木の開花は、4月1日に予想した前回よりも2日遅くなり、平年より1日早いと発表。開花予定日を4月22日、満開予定日を4月27日とした。

[広告]

 弘前は4月に入り、降雪や予想より低い気温が続き、同課の桜守・橋場真紀子さんは「開花が鈍くなった」と話す。今後の気温も平年並みか平年より低い予報となっている。

 同園の総面積は、東京ドーム10個分強に相当する約49万2000平方メートルで、同じソメイヨシノでも見頃がスポットで異なる。東に位置する外堀の満開予想日は26日、西に位置する桜のトンネルは28日とし、散った桜の花びらが堀の水に浮かぶ「花いかだ」の見頃は4月28日~5月1日と予想した。

 弘前さくらまつりの開催期間は4月20日~5月6日。

  • はてなブックマークに追加

弘前経済新聞VOTE

観光客にオススメしたい弘前公園の桜は?(2019年版)