見る・遊ぶ

青森・西目屋村で「水陸両用バス」ツアー 乗客数1万人突破、吉幾三さんサプライズ登場も

サプライズで登場した吉幾三さん(1番左)と記念撮影する1万人目の乗客とその家族。右端は関和典村長

サプライズで登場した吉幾三さん(1番左)と記念撮影する1万人目の乗客とその家族。右端は関和典村長

  •  
  •  

 青森県西目屋村で運行している「ニシメヤ・ダムレイクツアー」の参加者数が5月21日、1万人を突破した。

同じ時間に乗車した客全員で集合写真にも応じる吉幾三さん

 2016年10月に完成したダム湖「津軽白神湖」を水陸両用バスで巡るという同ツアー。昨年4月30日からスタートし、1万人達成には1年と22日がかかった。昨年は雨不足によりダム湖の水位が運行に必要な水位を下回ったため、4割以上は運休したという。

[広告]

 乗客1万人目は、家族と一緒に観光で訪れたという青森市在住の遠藤ふみえさん。「(告知された時は)何事が起きたのか、今でも信じられない。うれしい」と話す。9999人目になった孫の小学5年生・斗渡(とわ)君は、運動会の代休だったため乗車することができたという。「1万人は悔しいけど、ぞろ目になったし、バスの迫力がジェットコースターみたいですごかった」と笑顔を見せる。

 当日は、ブランド米の田植え作業とテレビ撮影のため、西目屋村を訪れていた青森出身で歌手の吉幾三さんがサプライズで登場し、遠藤さんと家族にサインと記念品などを贈呈した。

 吉さんは「水陸両用バスにまた乗ってください」と呼び掛けた。

  • はてなブックマークに追加