プレスリリース

青森県平川市で唯一のシードル醸造所が新たに誕生!『CRAZY CIDER(クレイジーサイダー)』を発売開始。

リリース発行企業:タグボート株式会社

情報提供:

タグボート株式会社(本社:青森県平川市新屋町道ノ下35-2、代表取締役 水口 清人)は、果実王国・青森から、果実の新しいカルチャーを発信したい。そんな想いで、夢中で追い求めた、奇跡のようなハードサイダー『CRAZY CIDER(クレイジーサイダー)』を2022年04月21日(水)よりプレ発売を開始。同年6/1より本格的なプロモーションも開始する。


非加熱「クラフトハードサイダー」ならではの、酵母の生きた風味。キレがあるのに、フルーティー。味の基本はドライでありながら、その中にほんのりとした甘みと酸味のバランスを感じられるので、新たなジャンルとして食事のシーンにも映えるハードサイダーに仕上がっている。




■ハードサイダーとは・・・
日本でよく知られているりんごの発泡酒と言えば、フランス生まれのシードル。ただ、アメリカではりんごジュースのことを「サイダー」、アルコールの入った果実酒(シードル)を「ハードサイダー」と定義。ヨーロッパを起源とするシードルは、アメリカ建国の歴史に合わせて発展。ヨーロッパからの移民がりんごを植樹し、やがてアメリカでも愛されるように。また、近年アメリカでのクラフトビールの流行に伴い、「ハードサイダー」にも注目が集まる。フランス生まれの「シードル」は甘みが強いものが多い。一方で、アメリカ生まれの「ハードサイダー」はビールのようなドライなテイストの中にもフルーティーな味わいを楽しむことができるため食事との相性も抜群。果汁ベースによるグルテンフリーであることも理由にブームが広がっている。

■地域課題解決を目指しながら、世界に誇るハードサイダー王国へ。
青森県のりんごは日本一と言われています。つまり世界一のりんごとも言えます。しかし、そんな青森県は、高齢化により担い手がどんどん減少。せっかくの素晴らしい、このりんご産業をこのまま廃させてはいけない。そこで私たちは、考えました。世界一のりんごをハードサイダーにして全国、世界に向けて発信することで、新たな価値や希望を生み出せないかと。ハードサイダーを通じて、もっと青森県を知っていただきたい。りんごの価値の高さを知らしめて地域の産業や経済を守り、発展させたい。そのために、加工用りんごを活用して世界に誇るハードサイダー王国にしたい。そんな思いからハードサイダーづくりはスタートしました。

■ブランドのシンボルは、醸造所の窓からの風景
青森県津軽地方に位置する自然豊かな平川市。主要産業は農業。春にはりんごの花が咲き、秋口から収穫シーズンが始まる。津軽平野に、まるで町を見守るように構える美しい山「岩木山」。地域の象徴である「岩木山」と「りんごの木」をモチーフにデザイン。まさに、クレイジーサイダーの醸造所から見える風景です。




■ブランド名の由来
『ハードサイダーに夢中な人がつくった、誰もが夢中になるハードサイダー。』
CRAZYには『夢中になっている』『熱狂する』という意味があります。誰もが夢中になれるブランド。また、何かに一生懸命取り組む人を応援するブランドとして存在したい、というメッセージが込められています。例えば、クリエイターや建築家、アーティストや伝統工芸作家さんをはじめ、クリエイティブでシンプルなライフスタイルを愛する人々へ。世の中をより魅力的に、そして明るく楽しくするために、夢中になって取り組んでいる人たちを応援したいと願って生まれた名称です。

■シャープな喉越し。それは全く新しい心地よさ。
『CRAZY CIDER(クレイジーサイダー)』はビールより軽く、アルコールは強くないお酒のため、乾杯酒や食中酒にぴったり。肉料理や煮込み料理はもちろんのこと、地元の食材と合わせるのもおすすめです。例えば青森ならシャモロック( 地鶏)焼きや、津軽愛情豚のポークソテーなどとの相性は抜群。また地元でとれる根まがりたけや、プチトマトを使ったピクルスとのマリアージュもおススメです。夏の暑い日にガブ飲みしたり、これ一杯で、クリエイティブなアイデアが生まれるかも!!



■商品概要
非加熱「ドラフトハードサイダー」ならではの、酵母の生きた風味。キレがあるのに、フルーティー。
味の基本はドライでありながら、その中にほんのりとした甘みと酸味のバランスを感じられるので、新たなジャンルとして食事のシーンにも映えます。



品名:クレイジーサイダーDRY
品目:果実酒(発泡性)1.
原材料名:りんご(青森県産)/ 炭酸 / 酸化防止剤(亜硫酸塩)
内容量:330 ml
アルコール分:7%
価格: 660円(税60円)


■ギフト・贈答用
CRAZY CIDER DRY(クレイジーサイダー ドライ) 330ml×3本セット
1,980円(税180円)



CRAZY CIDER DRY(クレイジーサイダー ドライ) 330ml×6本セット
3,960円(税360円)


■販売店舗
・オンラインストア:CRAZY CIDER STORE(旧青森まるごと福家ショップ)
https://aomori-fukuya.shop-pro.jp/
※配送料は別途となります
・津軽おのえ温泉 日帰り宿 福家(平川市)
・青森県観光物産館アスパム内 地場セレクト(青森市)
・かねいりミュージアムショップ(八戸市)
・道の駅 サンフェスタ石川(弘前市)
・道の駅 いかりがせき 津軽関の庄(平川市)
・道の駅 津軽白神ビーチ西目屋(西目屋村)
・大鰐町地域交流センター 鰐come(大鰐町)
・ホテルグランメール山海荘(鯵ヶ沢町)
・グリーンパーク森の泉(西目屋村)
・びわの平ゴルフ倶楽部(平川市)
・津軽高原ゴルフ場(平川市)
・津軽カントリーゴルフクラブ(弘前市)
・ハチドリ酒店(弘前市)
・そうま屋米酒店(大鰐町)
・焼き肉レストラン 一心亭本店(五所川原店)

その他、各種飲食店など取り扱い店舗急拡大中!

■WEBサイト / 公式SNSアカウント
・ティザーブランドサイト(2022年6月1日公開)
https://crazy-cider.co.jp/
・公式Instagram
https://www.instagram.com/crazy_cider/
・公式facebook
https://www.facebook.com/CRAZYCIDER.Hirakawa.Aomori.Japan

■タグボート株式会社について
2014年7月から津軽おのえ温泉「福家」(温浴施設)を現代表取締役の水口清人が経営を開始。
前職のホテルマン経験を生かして、温泉&食事、温泉&宴会などの各種新商品を開発・販売し5年で売上を2倍にする。
事業は安定的に成長してたものの、より魅力的な商品開発を目指し、2019年6月に「ドルチェようかんYキューブ」を新発売する。
今までにないようかんの価値として健康素材であるプロテオグリカンを配合するなど、新たな女性層に向けた商品として2019年10月「ジャパンメイド・ビューティアワード2019」にて、インナービューティー部門で優秀賞を受賞する。
事業は順調に成長したものの2020年からの新型コロナウイルス蔓延により、各種事業は大きな影響を受けた。
未来のためにも新型コロナの影響を受けにくく、そして青森県の事業者ならではの事業を模索する中で、ハードサイダー(りんごの果実酒)作りを決断する。
国の事業再構築補助金制度などを活用し、2022年4月に待望の新商品「CRAZY CIDER」を販売するに至る。




【会社概要】




会社名 タグボート株式会社
URL:http://tugboat-consultant.com/

本社 〒036-0213 青森県平川市新屋町道ノ下35番地2
製造所 〒036-0213 青森県平川市新屋町道ノ下37番地5
設立 2014年6月
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役 水口 清人
事業内容 
・津軽おのえ温泉 日帰り宿 福家(温浴事業・レストラン事業・日帰り旅行事業・ブライダル事業・物販事業)
・就労継続支援B型 すまいるホーム
・Curry& Café SIESTA
・CRAZY CIDER事業
従業員 45名

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

弘前経済新聞VOTE

いま注目している弘前の話題は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース