弘前城本丸から「ダイヤモンド津軽富士」 「曳屋」の天守とコラボ

弘前城本丸の展望デッキから(5月20日18時10分頃撮影)

弘前城本丸の展望デッキから(5月20日18時10分頃撮影)

  •  
  •  

 弘前城本丸(弘前市下白銀町)で5月20日、沈む夕日が岩木山山頂に重なる「ダイヤモンド岩木山」を観測した。

 「ダイヤモンド岩木山」は、富士山山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドが輝くような光景が見られる「ダイヤモンド富士」に倣い、「津軽富士」と呼ばれる岩木山でも同じ現象を捉えることができることから、地元愛好家が名付けた現象。

[広告]

 弘前城天守は現在、100年に一度と言われる石垣修理のため、本来の位置から約70メートル、本丸中央に移動している。ダイヤモンド岩木山をバックに弘前城天守を見ることができるのはこの時期だけで、展望デッキには地元愛好家らがカメラを向ける姿があった。

  • はてなブックマークに追加