天気予報

5

-2

みん経トピックス

弘前の大学で文化財一般公開青森の花見予算全国1位

弘前公園の隠れスポット「ハート型」 今年も花見客の人気に

弘前公園の隠れスポット「ハート型」 今年も花見客の人気に

ライトアップされたハート型の桜の木に集まる花見客

写真を拡大 地図を拡大

 弘前公園(弘前市下白銀町)内で今年も、「ハート型」の桜の木の枝が人気を呼んでいる。

弘前公園のどこかにあるハート型の桜の枝

 2本の桜の木の枝が空にハート型を描くように組み合わさっている場所がある同園。4月22日に始まった「弘前さくらまつり」を訪れる花見客らが昼夜問わず、同所を見つけて写真を撮る姿が増えている。

 同園緑地課の海老名雄次さんによると、2015年夏に始めた取り組みで、樹木医が偶然見つけたことがきっかけだったという。隠れスポットとして、現在は形を整えてライトアップも実施。「本日、園内は満開となったが、ハートの木の周辺は現在六分咲き程度。見ごろはこれからなので、場所を探して楽しんでもらえれば」と笑顔を見せる。

 ハートの枝にスマートフォンを構えていた市内在住の20代女性は「昨年は母親と来たが今年は彼氏と来た。実際に見るより写真で撮った方がハートの形がよく見える」と話す。ネット上でも「やっとハートの位置を知った」「ハートに見えるとこってどこなの?」「桜のハート探してみます」といった喜びや場所を探す声などがあった。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

「弘前」ご当地ナンバー導入、どう思いますか?

アクセスランキング