見る・遊ぶ

弘前・土手町にカフェバー「ボンバー」 地元プロスノーボーダーが出店

カフェバー「Bombar(ボンバー)」と店長の奈良隆輝さん

カフェバー「Bombar(ボンバー)」と店長の奈良隆輝さん

  •  
  •  

 弘前の中土手町に12月4日、カフェバー「Bombar(ボンバー)」(弘前市土手町)がオープンした。

店内に設置されているスケートボードランページ

 弘前市出身でPSAアジア公認プロスノーボーダーの奈良隆輝さんが店長を務める同店。スノーボーダーの友人たちを青森に招く時、十分なもてなしができるスポットがないことを感じ、自分で作ろうと思ったのが出店のきっかけという。

[広告]

 「誰かが作ってくれるのを待っているよりは自分で作った方が早い」と奈良さん。4年前には、スノーボード用のハーフパイプ造設やイベント運営などを手掛ける企画会社「GOODDAY」を立ち上げ、現在、県内外で活動を続けている。

 9月から入ったテナントは、さまざまな業種の地元の友人たちが集まり少しずつ自分たちの手で整えていったという。店舗面積は約50坪。店内には「スケートランページ」やバスケットゴールを設置するほか、DJブース、カウンターを備え、ボードやファッションアイテムといったグッズを展示・販売するスペースも設ける。

 フードメニューは、ホットドッグ(スタンダードorチーズ、600円)、フライドポテト(300円)、チキンナゲット(500円)、フランクフルト(300円)、ドリンクメニューは生ビール(500円)、カクテル各種(500円)、ソフトドリンク各種(300円)。

 奈良さんは「みんなで遊べて、気軽に立ち寄れるような店にしていきたい」と意気込む。広い店内を生かし、貸し切りイベントや結婚式の二次会などの利用にも対応するという。「空き店舗が増えつつある土手町が少しでもにぎやかになれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は12時~22時。

  • はてなブックマークに追加