食べる 見る・遊ぶ

青森県立美術館に巨大「UFO」出現? 「化け物展」の呼び物に

近くを通りかかる人たちは興味深く「UFO」を見つめていた

近くを通りかかる人たちは興味深く「UFO」を見つめていた

  •  
  •  

 青森県立美術館(青森市安田)に7月30日、巨大「UFO」が地面に突き刺さったかたちで現れた。

巨大UFOの裏側

 同館周辺はUFOの目撃談が多く、今年3月にはツイッター上で「火の玉が落ちた」と話題になった。同館スタッフによると、前庭に現れた巨大「UFO」は、京都在住のアーティスト・岡本光博さんが制作したオブジェで、8月1日に同館で始まる「化け物展」出展作品の一つ。

[広告]

 オブジェは高さ約3メートルほどの円形状で、4分の1ほどが地中に埋まり、外見はカップ麺に酷似。表面には「調理方法 お湯の目安量9200ml」「名称 W♯167UFO-unidentified falling object-」(以上、原文ママ)などの文字が描かれている。

 散歩中に同館の前を通りかかったという60代女性は「遠くから見て気になった。何でしょうかね(笑)」と首をかしげていた。

 開館時間は9時~18時。「化け物展」は9月13日まで。

  • はてなブックマークに追加