食べる

弘前にセブン-イレブン初出店 開店に100人の行列、テープカットも

開店と同時に100人以上の行列ができた弘前駅前3丁目店

開店と同時に100人以上の行列ができた弘前駅前3丁目店

  • 65

  •  

 セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)が6月12日、青森県にコンビニエンスストア「セブン-イレブン」を初出店し、弘前市内には2店が同時オープンした。

オープニングテープカットの中央に立つりんご飴マン

[広告]

 7時オープンとなった弘前駅前3丁目店では、開店前から約100人の行列ができた。150枚用意した紅白まんじゅう付きの整理券は即配布完了。先頭に並んでいた秋田県大館市から訪れたという男性は「秋田県に出店はあるが大館にはなく、弘前にできたことはとてもうれしい。昨日の10時から並んでいた」と話す。弘前小比内5丁目店でもオープン前から100人以上の行列ができたという。

 6時45分からはテープカットが行われた。弘前市の公式ゆるキャラ「たか丸くん」が駆け着けたほか、行列に並んでいた生ゆるキャラ「りんご飴(あめ)マン」もテープカットに参加するという一幕も。りんご飴マンが「大役を担わせていただいた」とツイッターで発信した所、「テープカットとかどういうことだ」「テープカットに行列とかコンビニなのにやりすぎ感あり」(以上、原文ママ)といった反響が寄せられた。

 青森県のセブン-イレブン出店は全国で45番目となり、残るは鳥取県と沖縄県となったことに「自虐ネタが一つ減った」などと惜しむネットの声もあった。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース