見る・遊ぶ

藤田記念庭園でライブイベント「夜行庭園」開催へ-弘前インディーズ4組出演

「夜行庭園」~音楽で彩るアートな夜~

「夜行庭園」~音楽で彩るアートな夜~

  •  
  •  

 藤田記念庭園(弘前市上白銀町)内にある洋館で3月28日、音楽イベント「夜行庭園」が開催される。

藤田記念庭園・洋館の外観

 東北地方でも有数の広さを誇る日本庭園を有する同園は、洋館、和館、倉庫といった建物があり、国の登録有形文化財にも指定されている。同イベントの会場となる洋館は大正時代に建てられ、赤い尖塔(せんとう)や反り返った瓦屋根などが特徴。弘前を代表する洋館の一つであり、館内にあるカフェ「大正浪漫喫茶室」は観光客なども多く訪れる。

[広告]

 主催する弘前アートプロジェクト実行員会の太田尚子さんは「閉館後の同館で、ドラムなどを持ち込んで行う音楽イベントは初めてでは」と話す。弘前市アートスペース創出事業の一環で、「本年度できなかった音楽イベントを開催したい」と昨年12月から準備を始めたという。

 出演する4組とDJは、全員が同市を中心に青森に縁のあるアーティスト。実行委員会メンバーでライブ出演もする黒石市出身のシンガー・ソングライターの鳴海徹朗さんは「地元発信にこだわった」と話す。ヨーコトリヤベは約7800人が参加したオーディションの中から選ばれたこともある同市出身のシンガー・ソングライター。現在はライブを中心に東京近郊で活動している。そのほか、海外のレーベルからCDをリリースしたこともあるオオシマコウスケ&HORNS、弘前発のドリーム・ポップ・バンドと呼ばれる「nicotone(ニコトーン)」も出演する。

 当日は、「大正浪漫喫茶室」でも、普段は提供しない軽食やシードルといったアルコール類、ソフトドリンクなどを販売する。「洋館を電飾でライトアップして演出する。洋館がさらに幻想的な雰囲気になるのでは」と太田さん。「普段は夜入ることができない館内で、弘前のインディーズ音楽界をぜひ楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 17時開場。入場無料。

  • はてなブックマークに追加