見る・遊ぶ 学ぶ・知る

弘前で高校生の「ファッション甲子園」 大会史上初の2連覇

ファッション甲子園最終審査会の様子

ファッション甲子園最終審査会の様子

  • 260

  •  

 「ファッション甲子園2023(第22回全国高校ファッションデザイン選手権)」の最終審査会が8月27日、弘前市民会館(弘前市下白銀町)で開催された。

2連覇を果たした石川学園横浜デザイン学院の作品「呼吸」

[広告]

 全国の高校生たちによるファッションデザインのコンテスト大会。今年は39都道府県から97校1044チームの応募があり、1次審査を通った35チームの作品が最終審査会に残った。

 最終審査会はファッションショー形式で行われ、デザイン画を元に作った衣装で高校生がランウェイウオークし、5人の審査員が審査する。会場は昨年に続き有観客で開催し、審査会の様子はライブ配信も行った。

 優勝は、「石川学園横浜デザイン学院」(横浜市西区)のデザイン担当・茂木楽真(ささね)さんとモデルを担当した秋濱優奈さんのチーム。2人は昨年の優勝チームで、大会史上初の2連覇を達成。笠木さんは「出場者のレベルが高く、優勝を全く想定していなかった」と話す。優勝時にマイクを向けられた2人はそろって「驚いている」とコメントし、会場の笑いを誘った。

 青森県からは4校5チームが出場したが、入賞したのは弘前実業高校の秋谷しえりさんと大渕日向さんの1チームのみ。特別賞となる海外ファッションブランド特別賞に選ばれた。2人の作品「inside」はマスクを貼り付けた衣装で、裏返すと赤とオレンジのドレスとなった。

 表彰式の総評で、審査員の原由美子さんは「今回は新しい流れのある作品があり、自分の気持ちを表現する素晴らしい作品が集まった」と話した。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

弘前経済新聞VOTE

「すじこ納豆」を食べますか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース