新型コロナ関連23日は145人の新規感染症患者

学ぶ・知る

弘前の屋根雪がネットで話題に 「ニュートンも腰抜かす」、物理や季語を知る機会に

「ニュートンも腰を抜かす」と投稿した屋根雪(写真提供=アサヒ印刷・営業企画スタッフ2さん)

「ニュートンも腰を抜かす」と投稿した屋根雪(写真提供=アサヒ印刷・営業企画スタッフ2さん)

  • 242

  •  

 印刷会社「アサヒ印刷」(弘前市青樹町)の社員が投稿した屋根雪の写真が現在、ネット上で話題を集めている。

翌日には落ちていた屋根雪

[広告]

 話題となっている写真は、ツイッターアカウント「アサヒ印刷・営業企画スタッフ2」さんが1月12日にツイートしたもの。会社の屋根から落ちようとしている雪を「逆になんで落ちないんってくらい屋根雪出ててニュートンも腰抜かすわ」(原文ママ)と投稿。1月14日17時現在、1万8000以上のリツイート、9万以上のいいねが寄せられている。

 「アサヒ印刷・営業企画スタッフ2」さんによると、屋根雪は終業後に自家用車に向かう途中の会社の敷地内で見つけたという。「工場の屋根の雪で今まで見たことがなかった。何気なく撮影し、いつもと同じように投稿したところ、普段より反応がすぐに大きくあり、バズるかもという予感はあった」と笑顔を見せる。

 ツイートには「綾小路翔じゃないか」「ゲーセンの落ちそうで落ちない景品みたいだ」といった反応があったほか、「力のモーメント」といった物理を学べる機会となったり、「雪庇(せっぴ)」という季語を知ったりできるコメントが寄せられている。屋根雪は翌日朝には落ち、被害は特になかった。

 同アカウントは会社で2020年7月から始めたツイッターアカウントで、社内には他にも9人がそれぞれのアカウントを運用している。社内の雰囲気や取り組みを発信するという目的で始めたが、「アサヒ印刷・営業企画スタッフ2」さんによると、自分の日常の中で見つけたことや驚きを発信するようにしているという。

 「地元の人たちには当たり前で気付くことがなかったようなことを発信すると、県外の人たちに喜ばれる傾向はあった。ここまで拡散したのは初めてで、社内で自慢した」と「アサヒ印刷・営業企画スタッフ2」さん。ツイッターを始めたことで、仕事の受注に結びつくこともあり、新しい交流が生まれたこともあったと明かす。

 拡散した理由について、「アサヒ印刷・営業企画スタッフ2」さんは「今年は全国各地で降雪があったため、話題になったのではないか」と話す。「SNSでバズると宣伝していいという習慣があるので、印刷会社ということはしっかり宣伝した。コメントは一つ一つ読んでおり今はすべてに返信できていないが、全部にコメントは返したい」とも。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース