新型コロナ関連青森県、14日の新規陽性者19人

食べる

弘前の川村精肉店が焼き肉弁当店出店 コロナによる新しい挑戦

店長の山崎裕康さん

店長の山崎裕康さん

  • 254

  •  

 「川村精肉店早稲田店」(TEL 0172-40-2662)が3月20日、弘前市早稲田にオープンした。

和牛あぶり焼き肉弁当

 川村精肉店は、1937(昭和12)年創業の食肉販売、卸売業をメインとする。「かたい信用やわらかい肉」がキャッチフレーズで現在は4代目・川村亮介さんが経営する。

[広告]

 「早稲田店」は初の直営ブランド店で、川村精肉店で扱うバーベキュー用精肉や、備長炭で焼く焼肉弁当、惣菜などを販売する。2020年にはネットショップを開設し、新商品などの開発に着手した。「コロナ禍で業者向けの売り上げが落ち込んだことから、小売業に挑戦することにした」と川村さん。

 看板のイラストは、川村さんの娘の落書きが原案。家族連れでも入りやすいようなインパクトあるイラストを狙ったという。店舗は精肉店の跡地に出店し、改修費用を抑えた。店長の山崎裕康さんは業者向けの配達を担当していたドライバーで、今回の出店で店長に抜てきされたという。

 メニューは、焼き肉弁当(702円)、和牛あぶり焼き肉(918円)、牛タン焼き弁当(842円)、和牛カルビ(100グラム=518円)、豚ミックスほるもん(100グラム=97円)、霜降りステーキ(200グラム=1404円)など。弁当に使う肉は注文を受けてから焼き上げるため、10分程度時間がかかる。電話での事前予約を呼び掛ける。

 川村さんは「80年以上の歴史がある当社が100年企業を目指し、小売りに力を入れ始めた一つの形。まずは店を知ってもらい、地域に根付かせていきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は9時~18時。火曜・水曜定休。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース