新型コロナ関連津軽エリアの17日は18人の新規…

暮らす・働く

弘前市中でキャンプイベント 出前やアウトドア品の展示販売も

弘前市民中央広場に設置されたキャンプ

弘前市民中央広場に設置されたキャンプ

  • 401

  •  

 弘前公園に隣接する弘前市民中央広場(弘前市下白銀町)で2月20日、アウトドアイベント「冬のまちなかキャンプ」が開催された。

キャンプ内にストーブを設置し、おのおのの楽しみ方で一夜を過ごした

 2020年4月にリニューアルした同広場の新しい活用法として、NPO法人「スポネット」が企画した同イベント。繁華街からも近い同広場をキャンプ場とし、1泊2日の日程で参加者はアウトドアを楽しんだ。告知はSNSのみだったにも関わらず、3日で定員に達した。

[広告]

 会場では、アウトドアアパレルショップ「グリーンハウスEPO」(駅前町)が展示販売を行ったほか、キャンパー向けにまきの体験コーナーを「西目屋薪(まき)エネルギー」(西目屋村)が設置。夜にはバーカウンターを設け、カクテルやホットドリンクを提供した。

 参加者には弘前の飲食店7店から出前が取れるようにし、中には繁華街へ足を運んだ人もいたという。物珍しさから見物客の姿も多く、主催者発表によると約200人が会場を訪れたという。スポネットの鹿内葵さんは「コロナ禍で旅行ができない中、青森ではアウトドア需要が増えている。自然の中で行うのではなく、街中で実行うとで、地域経済の助けに少しでもなれば」と話す。

 三沢から参加した40代男性は「こういう企画が行われる弘前がうらやましい。全国でも珍しい取り組みなのでは」と話す。青森から参加した50代男性は「キャンプはまだ始めて1年だが、今回のようなイベントで参加者たちのキャンプギアを見ることでき、初心者としてもうれしい。こういう企画は地方都市の新しい楽しみ方になるのでは」と笑顔を見せる。

 2月27日は弘果修斉スポーツパーク (旧修斉小学校グラウンド)でキャンプイベントを開催する。スポネットでは現在、参加申し込みを受け付けている。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース