買う

弘前の「ラグノオ」がキットカットとコラボ 「りんごスティック味」販売へ

「キットカット パティシエりんごスティック味」

「キットカット パティシエりんごスティック味」

  • 519

  •  

 和菓子メーカー「ラグノオささき」(青森県弘前市)が11月16日、ネスレ日本(兵庫県神戸市)とコラボ開発した「キットカット パティシエのりんごスティック味」を販売した。

箱の中はリンゴが描かれた袋にまとめられている

 チョコレート菓子「キットカット」は、「夕張メロン」や「山形さくらんぼ」「信州りんご」など、全国で40種以上の「ご当地キットカット」を展開している。青森の魅力を観光客向けだけでなく、青森県内在住者にも伝えられるような商品を目指したという。

[広告]

 「ラグノオささき」は1884(明治17)年創業の和菓子メーカーで、「気になるリンゴ」や「いのち」といった青森県の土産として扱われる看板商品が多数ある。「パティシエのりんごスティック」は2004(平成16)年に販売を開始。2013(平成25)年に全国菓子大博覧会で金賞に選ばれた。商品名は会社名でもある「ラグノオ」が菓子職人の名前だったことに由来する。

 「パティシエのりんごスティック味」はアップルパイ風味の「パティシエのりんごスティック」の味わいをキットカットで再現した準チョコレート菓子。開発には1年を要し、2種類の個包装やパッケージデザインなどにも時間をかけたという。

 ラグノオの担当者は「新たなご当地キットカットに参画できたことは大変うれしい。『青森ならでは』の菓子として、コロナ禍での『お家でのおやつ』として一度味わってもらい、皆さまが少しでも笑顔になってもらえたら」と話す。

 価格は9枚入り864円。青森県内の土産店、「ラグノオささき」直営店で販売するほか、「ラグノオささき」通販サイトでも取り扱う。