3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

弘前の「ナポリタン」跡地、解体着工へ 弘前公園近くの連棟式店舗

解体が始まった「ナポリタン」跡地

解体が始まった「ナポリタン」跡地

  • 928

  •  

 弘前公園近くにある「ナポリタン」があった建物の解体工事が8月10日、始まった。

1970年代の写真

 築100年近いと言われる同建物は、書店や薬局、甘味処があった連棟式店舗。洋食店「スパゲティショップ ナポリタン」があったことで知られ、同店が閉業した2011(平成23)年11月からは空き店舗となっていた。

[広告]

 ナポリタンは、ビートまりお母こと尾崎順子さんと安夫さん夫婦が経営し、同店で38年間続いた。2人の子どもであるビートまりおさんは音楽家で同人サークル「COOL&CREATE」を主宰していることで知られる。ビートまりお母さんは動画投稿サイトにビートまりおさんの楽曲を歌った投稿動画が100万回以上も再生され、注目を集めたことがあった。

 ナポリタンに通ったファン同士の交流は現在も続き、昨年は解体されることを聞きつけたファンたちが全国から集まり、「聖地巡礼」を果たした。

 ビートまりお母さんは「にぎやかに華やかにお祭り騒ぎのようだった最後の日から9年。『弁慶の立ち往生』のように長い時間、建ち続けてくれた。新しい風が心地よく通り抜けていく場所であってほしい。おつかれさまでした」と話す。

 跡地の一部は歩道となる。建物を所有する加藤味噌醤油(みそしょうゆ)醸造元によると解体工事は8月中を予定しており、今後の予定はまだ決まっていないという。

Stay at Home

弘前経済新聞VOTE

「#岩木山総選挙」12カ所から見たあなたの「推し山」はどこ?※弘前市立中央公民館連携企画